BTS(防弾少年団)の所属事務所Big Hitが社名変更の動き。今月末の株主総会で決定か

2021年03月11日 K-POP #BTS
このエントリーをはてなブックマークに追加

BTS(防弾少年団)の所属事務所Big Hitエンターテインメント(以下、Big Hit)が、社名変更を進めていることがわかった。

【関連】Big Hit、2020年の売上が過去最高の「7963億ウォン」

3月10日、Big Hitのホームページに掲載されたIR(企業が株主や投資家に財務状況などの情報を提供する文書)には、社名変更の件に関する株主総会が案内されていた。

それによると、Big Hitは「株式会社Big Hitエンターテインメント」から「株式会社HYBE」へ社名を変更する。この内容が議案にかけられるBig Hitの株主総会は、3月30日に開かれる予定だ。

Big Hitは、2020年10月15日にKOSPI(韓国総合株価指数)市場に上場すると同時に韓国エンターテインメント業界を代表する銘柄になった。

上場記念式でパン・シヒョク議長は「今年でBig Hitは設立15周年になる。音楽とパフォーマンスで感動を与えようという小さな願いから始めたが、いつの間にか54のレーベルと7つの従属法人を持ち、1000人ほどの従業員を抱えるグローバル企業になった」とし、「新しいバリューチェーンと共に新しい音楽市場をリードする。絶え間なく挑戦し、革新する方向へ持続的な成長を遂げていき、企業とアーティスト、消費者、産業が共存できるようにする」という会社のビジョンを述べている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集