俳優コン・ユ&パク・ボゴムの主演映画『徐福』、公開日が4月15日に決定!海外公開の準備も

2021年03月03日 映画 #韓国映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優コン・ユとパク・ボゴムの共演で話題を集めている映画『徐福(ソボク)』(原題、イ・ヨンジュ監督)の公開日が決定した。

【写真】「かっこよすぎて無理」コン・ユ、大人の魅力漂う近況

3月3日、配給会社CJエンターテインメントによると、『徐福』は来る4月15日、オンライン動画サービス「TVING」のオリジナルコンテンツとして公開され、劇場でも同時に封切りされる。

『徐福』は、人類最初のクローン人間ソボク(演者パク・ボゴム)と、彼を運ぶという極秘任務に就く元情報局エージェント、ミン・キホン(演者コン・ユ)がさまざまな勢力の追跡を受ける物語。映画『建築学概論』のイ・ヨンジュ監督が演出を務める。

本来は2020年12月に公開される予定だったが、新型コロナによって映画館の時間短縮営業が実施され、年内公開を断念した経緯がある。

CJエンターテインメントの映画事業本部は「新型コロナによってコンテンツに対する消費者の視角とニーズが急変していている状況で、『徐福』もまた多様なプラットフォームを通じて多くの観客と出会うために、TVINGで公開することを決定した」と伝えた。

また「『徐福』はTVINGだけでなく、劇場公開も同時に行われる」とし、「観客に多くの選択肢を提供し、公開作品の不足で困難を経験している劇場にもプラスになる方法だと判断した」と説明した。

TVING側は「『徐福』はTVINGのユーザーに特別なコンテンツ経験を提供できる作品であるため、果敢な投資を決定した」とし、「多様なジャンルでオリジナルコンテンツを拡大していく予定」と明かした。

『徐福』は韓国国内だけでなく、海外での公開も準備中だ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集