俳優パク・ボゴムが語る今年の意気込みは?「BTSのVにラブコールを送ろうかな」【インタビュー①】

2019年02月07日 話題 #パク・ボゴム
このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優パク・ボゴムは最近、多忙を極めている。

先日放送終了したドラマ『ボーイフレンド』(tvN)では、少年っぽいイメージから脱皮し、大人の男へ成長した姿を披露した。

作品が終わった今、しばらく休みを取ってもよさそうなパク・ボゴムは、これからがスタートという。

(関連記事:俳優パク・ボゴムの日本ファンミが大盛況。手作り小物のプレゼントも

「今年は時間を大切に思い、忠実した使い方をしようと思う。お互いを愛し、祝福する時間も足りないので」

昨年は明智大学のミュージカル学科を卒業し、大学院に進学。

「作曲の勉強をしてみたくて志願し、運よく合格した。しばらく休学していたが、復学することになりそう」と語る彼に、芸能活動と学業を平行している理由を聞くと、次のように説明する。

「現場で目新しいことを感じられるが、学校で学ぶことも大きい。(本業の俳優と)専攻が違う分野なので、楽しさがより大きく感じられるのかもしれない。その瞬間を逃したくなかった。ありがたいことに学校生活も忠実しているので貴重な経験になっている。同期とはまだ連絡を取り合ったりして仲良くしている」

出演したドラマ『雲が描いた月明かり』(KBS)の挿入歌『My dearest』や、ソロ曲『Let's go see the stars』などで優れたボーカルの実力を披露している彼は、「機会があれば、歌手としてのいいニュースもお伝えしたい。ミュージカルもそうだ」と、意気込みを見せた。

親友として知られている、K-POPグループBTSのVとコラボする可能性はないだろうか。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事