『トンイ』から11年、あの名子役が“爽やか美女”に! 「初恋を思い出した…」【PHOTO】

2021年01月22日 話題 #写真
このエントリーをはてなブックマークに追加

女優キム・ユジョンが、爽やかな美貌でファンをときめかせた。

【写真】『トンイ』の名子役は「愛され小悪魔美女」に!

キム・ユジョンは1月21日、インスタグラムに自撮り写真を投稿。「Hi,SMILE!」と綴り、元気いっぱいな近況を公開した。

写真の中のキム・ユジョンは、青いリボンで髪をまとめた清楚なハーフアップスタイルを披露している。透明感のある艶やかな肌と、眩しい笑顔が魅力的だ。

2003年から子役として活動し、確かな実力で今もなお演技派女優として人気を博しているキム・ユジョン。子役時代からのファンにとって、彼女の成熟してゆく美貌は大きな関心ごとだ。

投稿を目にしたファンからは、「どんどんキレイになっていく」「かわいすぎてたまらない」「初恋を思い出す清純ビジュアル」といった称賛のコメントが続々と寄せられている。

(写真=キム・ユジョンInstagram)

◇キム・ユジョン プロフィール

1999年9月22日生まれ。韓国・ソウル出身。2003年にテレビCMで子役デビュー。可愛らしいビジュアルと優れた演技力を持ち、ドラマ『イルジメ~一枝梅』(2008年)、『トンイ』(2010年)、『太陽を抱く月』(2012年)など、数多くの作品でヒロインの子供時代を演じた。2016年に主演したドラマ『雲が描いた月明り』で子役から脱皮し、大人の女優として本格的に活動をスタート。2018年に甲状腺機能低下症を診断されて一時期休養したが、同年11月に放送されたJTBCドラマ『まず熱く掃除せよ』で復帰した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集