『ロマンスは別冊付録』俳優イ・ジョンソク、『魔女2』に続きアクション映画の出演を検討中

2021年01月19日 映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優イ・ジョンソクが映画『デシベル』(仮題)の出演を検討中だ。

【写真】イ・ジョンソク、襟足伸ばした「大人の色香」

1月19日、イ・ジョンソクの所属事務所側は「イ・ジョンソクが『デシベル』の提案を受けた。検討している作品のひとつだ」と明らかにした。

映画『デシベル』は、音に反応する爆弾が都心で発見されながら広がる物語を描く。1年前の潜水艦にまつわる事件で、副艦長、ジャーナリスト、軍事安保支援司令部をはじめとする主要人物たちが都心テロを防ごうとするアクション映画とされる。

イ・ジョンソクは2019年3月に社会服務要員として兵役につき、最近除隊してファンの元に帰ってきた。映画『V.I.P. 修羅の獣たち』で縁を結んだパク・フンジョン監督の新作『魔女2』(原題)にも特別出演する予定だ。

イ・ジョンソク

イ・ジョンソクが本格的な復帰作として『デシベル』を選択するかが注目されているなか、同作は今春のクランクインを目標にしている。

◇イ・ジョンソク プロフィール

1989年9月14日生まれ。2010年に『検事プリンセス』でデビュー。以降、『君の声が聞こえる』『ピノキオ』『W君と僕の世界』『あなたが眠っている間に』『死の賛美』(SBS)、『ロマンスは別冊付録』(tvN)などに主演。特に『ロマンスは別冊付録』ではNetflixでも配信中で、甘い魅力の編集長役で世界のファンを魅了している。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集