BTS(防弾少年団)の勢い止まらない!米ビルボードの2チャート同時にランクイン

2021年01月13日 K-POP #BTS
このエントリーをはてなブックマークに追加

BTS(防弾少年団)が世界的な影響力をみせている。

【写真】V、女性スタッフとの2ショットが話題

1月12日(現在時間)、米ビルボードが発表した最新チャートによると、BTSの『Dynamite』は「グローバル200」と「グローバル(アメリカ除外)」チャートで同時に1位を記録した。

『Dynamite』が2つのチャートを同時に席巻するのは今回が通算4回目だ。

昨年新設された「グローバル200」とビルボード「グローバル」チャートは世界200以上の地域のストリーミングと売上を集計して順位を付けたもの。BTSは両チャート合わせて12回も席巻し、人気を証明した。

BTSが昨年8月21日にリリースした『Dynamite』は、1月16日付けのビルボードチャートでも上位を維持した。ビルボードのメインチャートである「ホット100」では25位、「デジタルソングセールス」では3位、「アダルトポップソング」では12位、「アダルトコンテンポラリーポップソング」では16位、「ラジオソング」では31位、「ストリーミングソング」では36位を記録した。

(写真提供=Big Hitエンターテインメント)

さらに、昨年11月20日に世界同時発売したニューアルバム『BE (Deluxe Edition)』のアルバムのリード曲『Life Goes On』も相変わらずの勢いを見せている。

『BE』はメインアルバムチャート「ビルボード200」で39位、「ワールドアルバム」1位、「インディペンデントアルバム」5位、「トップカレントアルバムセールス」9位、「トップアルバムセールス」11位となった。

『Life Goes On』は「ワールドデジタルソングセールス」2位と「グローバル(アメリカを除く)」43位をそれぞれ記録している。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集