過激化が止まらない? 韓国で“19禁ドラマ”が増加傾向にある理由

2019年01月30日 テレビ #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国ドラマが過激になりつつある。

昨年放送された『ミスティ~愛の真実~』(JTBC)、『先にキスからしましょうか』(原題、SBS)、『悪い刑事』(原題、MBC)に続き、最近放送開始した『キングダム』(Netflix)、『バベル』(原題、朝鮮放送)といった19禁(日本のR-18に相当)、あるいは未成年観覧不可とされたドラマが話題を呼んでいる。

直接的な表現はもとより、過激なシーンは一時的な関心を集めるために使われるのが一般的であったが、現在は全体的なストーリーの流れに沿った使い方もされており、高い相乗効果を発揮している。

また、ジャンル映画(アクションやサスペンス、ホラーといったジャンルの分類が容易にできる映画のこと)においても表現の限界を超えるための手法として活用されつつあり、作品としての完成度はもちろん高い視聴率を獲得することに一役買っている。

(関連記事:韓国ドラマが飽和状態。厳しい市場で生き残るための戦略とは?

左から『悪い刑事』『キングダム』『バベル』

もちろん、これまで韓国で19禁ドラマが放送されなかったというわけではない。

2000年代にはケーブルチャンネルを中心に、ある程度煽情的なシーンを含んだ作品が“19禁ドラマ”として放送された。

2010年代に入ると、性的な表現よりも暴力シーンや猟奇的な表現がしばしば見受けられる19禁ドラマが続々と放送された。地上波MBCの『チング~愛と友情の絆~』『紅の魂~私の中のあなた~』をはじめ、『製パン王キム・タック』『ベビーシッター』(KBS2)などが19禁に指定されている。

今やケーブル、地上波、総合編成チャンネルという放送局の垣根を越えて、お茶の間全体で19禁ドラマの放送が目立つ。

しかし、一時的に注目を集めるために過激な表現を採用し、特定の話数のみを19禁としているドラマが大多数を占めており、作品そのものが19禁に指定されるドラマはほとんどない。

このように韓国で“19禁指定”のドラマが増えているにも関わらず、世間からの意見はまちまちだ。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事