BLACKPINKのオンラインライブが新型コロナの影響で延期「医療従事者に感謝…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

BLACKPINKのオンラインライブ『YG PALM STAGE-2020  BLACKPINK:THE SHOW』の開催が、2021年1月31日に延期されると発表された。

【写真】BLACKPINKリサのキュートな“パートナー”との2ショット

新型コロナ拡散防止のため、韓国首都圏における「社会的距離確保」が事実上最高警戒レベルである第3段階相当にまで引き上げられたことによる、やむを得ない決定だ。

YGエンターテインメントが12月17日に明らかにしたところによると、BLACKPINKのオンラインライブ開催予定地の自治体は最近「社会的距離確保を2.5段階追加適用の集合禁止行政命令」を公告した。

韓国政府の社会的距離設定2.5段階よりも強化された防疫規則を適用。12月11日から12月28日までは「10人以上での会合や、行事を禁止する」という内容だ。

(写真=YGエンターテインメント)

YGはYouTubeとパートナーシップを結び、BLACKPINKのオンラインライブ『THE SHOW』を年末の12月27日に生中継する予定だった。YGは公演延期に関する案内を通して「待ってくださっているファンの皆さんのために一生懸命準備して、より良い公演にしたい」と明かした。

BLACKPINKメンバー(ジス、ジェニー、ロゼ、リサ)もこの日、SNSでの動画を通じてファンに直接残念な気持ちを伝えた。

メンバーは「辛い時期を過ごしている多くの方々に少しでも癒しを与えたかったが、『THE SHOW』に携わるすべての方々の健康と、安全な環境で公演を準備することも重要だと思う」と話した。

そして「今この瞬間にも新型コロナ対応に追われている医療従事者には本当に感謝している。迫りくる年末、健康に気をつけて来年の『THE SHOW』で会いましょう」と、付け加えた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集