韓国フュージョン時代劇『哲仁王后』にトラブル続出…子孫らが「侮辱的」と抗議の声

2020年12月16日 テレビ #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在放送中のtvNドラマ『哲仁王后』(原題)が原作者の嫌韓疑惑とセクハラ疑惑に包まれたなか、今度は韓国の豊穣(プンヤン)チョ(=趙)氏の宗親会がドラマへ抗議の声を上げた。

【関連】『哲仁王后』第2話、視聴率は全国最高9.9%で好調

12月15日に某メディアが報じたところによると、神貞王后の子孫、豊穣チョ氏の宗親会側は『哲仁王后』に対して「神貞王后があらゆる迷信を信じるキャラクターと紹介されており、どう対応すべきか考えていた。いくらコメディーとはいえ、実在人物に対する侮辱的かつ下品な表現は甚だしく遺憾であり、強力に対応する所存だ」と明らかにした。

ドラマの登場人物のひとりである神貞王后・チョ氏は、朝鮮時代の最後の大王大妃(先王の母)で、勢道政治時期の豊穣・チョ氏勢力を代表する実在人物だ。

先日の放送分では、神貞王后・チョ氏が迷信に心酔して呪符を使い、自身と同じチョ氏の後宮に呪符を渡そうとする様子が描かれた。実在の人物をモチーフにしているにもかかわらず、パロディーのやり過ぎだという反応が多く寄せられた。

また、「朝鮮王朝実録も、ただの怪文書だな」という主人公のセリフも問題に。一部の国では『哲仁王后』がNetflixを通じて配信されるだけに、ユネスコ世界記録遺産に登録された「朝鮮王朝実録」を貶すセリフは適切ではなかったと言われている。

ドラマ放送前は、原作となる中国ドラマ『太子妃昇織記』の原作者が過去の作品で韓国人の蔑称などを使い、嫌韓疑惑に包まれたこともあった。これを意識したユン・ソンシク監督は「浮気男の魂が王妃の身体に宿るという設定だけを用いたまで」と説明している。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集