BTS(防弾少年団)、2020年のTwitterトレンドを占領。4年連続で「最多言及アカウント」に

2020年12月08日 K-POP #BTS
このエントリーをはてなブックマークに追加

BTS(防弾少年団)が、ツイッター(Twitter)を占領した。

【関連】BTSが「韓服は韓国固有のもの」と強調

ツイッターは12月8日、世界中のユーザーが2020年に作成したツイートとアカウントを分析し、K-POP分野の順位を発表した。

まず、BTSは全世界で「最も多く言及されたアカウント」「最も多く言及されたK-POPアカウント」「最も多く言及されたミュージシャンのアカウント」で1位だった。BTSは2017年に初めて「最も多く言及されたアカウント」に選ばれた以降、今年で「4年連続」という大記録を打ち立てた。

「最も多くリツイートされたツイート」2位は、メンバーのJUNG KOOKによるラウヴの『NeverNot』カバー映像のツイートだった。このツイートは3500万回の累計観覧数、140万件に達するリツイート、300万件を超えるいいねを記録した。

K-POP関連ツイートの中で最も多く「いいね」をもらった上位5つも、すべてBTSの公式アカウントのツイートだ。

1位はVが「Hi Army」という文章を添えて投稿した写真で、320万件に達する「いいね」を記録。2位、3位はJUNG KOOKのカバー映像ツイートで、4位はBTSがビルボードの「ホット100」で1位になったあと、ARMY(BTSのファンネーム)と喜びを分かち合ったツイートだ。

5位は、RMが自分の誕生日を記念して投稿したツイートだった。

また、キーワードの言及量を中心に調べた「世界トップ10ミュージシャン」にもBTSが1位を記録。7位にはBLACKPINKがランクインした。

BTS

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集