TWICEジヒョ、練習生時代のエピソード披露!Wonder Girlsになれなかった理由は?

2020年10月29日 K-POP #TWICE
このエントリーをはてなブックマークに追加

TWICEのジヒョが、10月28日に放送されたMBCバラエティ番組『ラジオスター』の「TWICE特集編」に出演。10年間の練習生時代を振り返り、話題を集めた。

【関連】K-POP業界の壮絶な「練習生制度」とは

9歳(数え年)の頃にJYPエンターテインメントの練習生となったというジヒョは、練習生時代のさまざまなエピソードを披露した。

練習生の間で有名だったジヒョのことを、ほかの事務所に所属する男子練習生が知っていたこともあったという。ただ、ジヒョは「(その方は)デビューできなかったようだ」と伝えた。

ジヒョはTWICEの先輩グループである2PM、2AMのメンバーとも一緒に練習し、実はWonder Girlsのソンミと入社同期だったことも明かしている。

MCのキム・グクジンからWonder Girlsになれなかった理由を聞かれると、「当時、9歳でした」と戸惑いながら答え、笑いを誘った。

また、生まれて初めて会った日本人であるモモとサナの第一印象についても話している。

「スタッフに同い年だと言われた2人(モモとサナ)が向かい合って『えー!』とビックリしていた」と、当時の状況を再現。現場を笑いに包んだ。

ジヒョが所属するTWICEは、去る10月26日に2ndフルアルバム『Eyes wide open』をリリースした。

(写真=MBC)

◇ジヒョ プロフィール

1997年生まれ。本名パク・ジヒョ。TWICEのリーダーで、高い歌唱力を誇る。10年という長い練習生期間を経てデビューしただけに、ファンからの支持も厚い。面倒見が良く優しい性格で、メンバーに対する気遣いがたびたび称賛される。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集