BTSの快挙が止まらない! 新曲『Dynamite』で続々と自己ベストを更新

2020年10月27日 K-POP #BTS
このエントリーをはてなブックマークに追加

BTSがK-Pop Radar(K-POPレーダー)の週間チャートでトップを奪還し、冷めやらぬ『Dynamite』ブームを証明した。

【画像】JUNG KOOK&SUGAの「すっぴんショット」に反響

K-Pop Radarは、世界のK-POPファンの現状が一目でわかる観測サービスサイトで、ユーチューブの再生回数やファンサイトの会員数、SNSの動きなど、マルチプラットフォームの測定によってファンの現状を把握し、ランキング化している。

現在はBTSやBLACKPINK、IUなどがK-Pop Radar上に登録されており、今後も一定の要件を備えたK-POPアーティストが追加される予定だ。

BTSの新曲『Dynamite』のミュージックビデオは、2020年の第43週目(10月18日から10月24日)チャートで1位を記録。今年の9月にあたる35週目チャートで1位を獲得して以降、約8週間ぶりに再び王座を獲得した。

さらに言えば、43週目はNCT UやSEVENTEENなど、世界にファンを抱えるグループの新曲ミュージックビデオが公開された週だ。K-Pop Radarの歴史上、リリースから2カ月を過ぎた時点でトップを記録したのはBTSが初めてで、こういった点も注目に値する。

K-Pop Radarによると、『Dynamite』のミュージックビデオは第43週で再生回数2953万回を記録。42週目の2694万回と比較して110%近く増加している。

また、BTSの『Boy With Luv』のミュージックビデオは第43週に再生回数1260万回を記録し、累計再生回数10億回を達成した。去る6月には『DNA』のミュージックビデオが再生回数10億回を突破しており、再生回数10億回超えの楽曲を2曲抱えるK-POPボーイズグループはBTSが初めてだ。

K-Pop Radar側はBTSの記録について「『DNA』のミュージックビデオは、再生回数10億回まで987日かかった。これと比較して『Boy With Luv』は562日と、期間を縮めている」と明らかにした。

さらに、今後の動きについては「リリースから67日基準で、『Dynamite』は『Boy With Luv』と比較して1.5倍速いスピードで再生回数を伸ばしている。『Dynamite』は最短で10億再生回数を達成し、自己ベストを更新できるはずだ」としている。
 

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集