美人女子アナと財閥子弟のカップルが増加中!財閥家に嫁いだ女子アナ、誰がいる?

2020年07月28日 話題 #女子アナ
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国で財閥家の子弟と女子アナウンサーのカップルが増え続けている。

【写真】韓国の美しすぎる女子アナを一挙紹介!

最近、SBSの女子アナが財閥グループの3世と真剣交際中であることがわかり、これまで財閥家に嫁いだ女子アナたちにも注目が集まっている。

7月27日、SBSのキム・ミンヒョンアナと、ホバングループ総帥キム・サンヨル会長の長男キム・デホンホバン建設代表が交際中のニュースが知られ、話題を集めた。

SBS側は「キム・ミンヒョンアナウンサーとホバン建設キム・デホン代表が良い感情を持って会っているのは事実だが、まだ結婚を言及する状況ではない」と述べた。

(写真=キム・ミンヒョンSNS)

ただキム・ミンヒョン以前にも、カン・ソウン元KBSアナウンサー、チョ・スエ元JTBCアナウンサー、ノ・ヒョンジョン元KBSアナウンサーなどが財閥家に嫁いだ前例があり、そのカップルの運命に関心が集中している。

財閥3、4世との結婚が目立つ女子アナ

まずカン・ソウン元KBSアナウンサーは去る6月、キョンドングループ3世のソン・ウォンラク常務と夫婦の縁を結んだ。

ソン・ウォンラク常務はキョンドングループの創業者、故ソン・ドイク会長の孫であり、ソン・ギョンホ現会長の一人息子だ。カン・ソウン元アナウンサーは結婚後、キョンドングループの株式5000株の贈与を受けた事実が知られている。

(写真提供=KBS)カン・ソウン

また、チョ・スエ元JTBCアナウンサーも2018年、斗山(トゥサン)グループ4世のパク・ソウォン斗山マガジン代表と結婚し、財閥家に入った。2人は13歳の年の差を乗り越えてゴールインし、2019年6月にチョ・スエ元アナウンサーは男児を出産した。

パク・ソウォン代表はパク・ヨンマン斗山インフラコア会長の長男で、米ニューヨークのスクール・オブ・ビジュアル・アーツを卒業した後、2014年から斗山グループ広告系列社オリコムの総括副社長を務めている。

チョ・スエ元アナウンサーは1992年生まれで、弘益大学大学卒業後の2016年、1800倍の競争率をくぐってJTBCに入社した。彼女は入社初期から華やかな容貌で多くの注目を受け、さまざまな番組で活躍した。

(写真=チョ・スエInstagram)パク・ソウォン(左)とチョ・スエ

他にも、イ・ダヒ元Sky tvアナウンサーも2018年10月、イ・ジェヒョンCJグループ会長の長男イ・ソンホ氏と結婚した。

イ・ソンホ氏は米コロンビア大学で金融経済学を専攻し、2013年にCJ第一製糖に入社した。イ・ダヒ元アナウンサーは、米パデュー大学で社会学、心理学を専攻した後、2016年にSky tvのアナウンサーとして活動した。

代表格はノ・ヒョンジョン元KBSアナウンサー

女子アナウンサーの財閥家入りの代表格ともいえるのは、ノ・ヒョンジョン元KBSアナウンサーだろう。

2006年に現代(ヒュンダイ)家3世チョン・デソンと結婚した彼女は、毎年、現代家の行事に顔を出すたびに話題となる。

チョン・デソン(左)とノ・ヒョンジョン

ノ・ヒョンジョン元アナウンサーは、慶煕大学校で新聞放送学などを専攻し、2003年のKBS公開採用アナウンサーとして活動を始めた。女子アナとして人気を集めた。

チョン・ジュヨン故現代グループ名誉会長の孫である夫チョン・デソン氏は、現代BS&Cの社長を務めている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集