イ・ジュンギの温度差がすごい。“愛すら演じる”連続殺人鬼役に期待大【PHOTO】

2020年07月12日 テレビ #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

7月22日に初回放送されるtvN新ドラマ『悪の花』が、新しいスチール写真を公開した。

【画像】イ・ジュンギ、モデル顔負けのスタイル

『悪の花』は、残酷な過去を持つペク・ヒソン(演者イ・ジュンギ)と、彼の過去を暴こうとする刑事の妻、チャ・ジウォン(演者ムン・チェウォン)のミステリアスなラブ&サスペンスドラマだ。

イ・ジュンギは劇中、金属工芸作家のペク・ヒソンに扮する。刑事として働く妻のために家事と育児を完璧にこなす家庭的な男だ。

ただ、“普通の暮らし”を送ってきた彼には秘密があった。彼の正体は、愛という感情まで演じられる連続殺人鬼だったのだ。

公開された写真の中には、妻と娘の前では穏やかな表情を絶やさない一方、凍りつくような冷たい表情のイ・ジュンギが写っている。極端な温度差を変幻自在に演じ分けるイ・ジュンギの活躍が気になるところだ。

『悪の花』の制作陣は「カメラの中のイ・ジュンギは、徹底的にペク・ヒソンという人物になり切っている。ロマンス、サスペンス、アクションなど、まさにイ・ジュンギの“詰め合わせ”のような演技が見られるはずだ。すべての俳優やスタッフが頑張って撮影しているので、たくさんの期待と関心をお願いする」と伝えた。

新ドラマ『悪の花』は、韓国tvNにて7月29日よる10時50分から放送開始予定。

(写真=tvNドラマ『悪の花』公式HP)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集