OH MY GIRL「ゆっくり、着実に」大人気ガールズグループへの飛躍【インタビュー】

2020年06月01日 K-POP
このエントリーをはてなブックマークに追加

K-POPガールズグループのOH MY GIRLが、輝かしい成長を知らせた。

“コンセプトの妖精”、“大器晩成型ガールズグループ”というニックネームがつくOH MY GIRL(ヒョジョン、ミミ、ユア、スンヒ、ジホ、ビニ、アリン)は、2015年の『CUPID』から最近の『Nonstop』まで、毎回ユニークなコンセプトを見せ、着実な成長を重ねている。

【写真】「美しい顔100人」にも選出! OH MY GIRLユアのゴスロリルック

2019年8月にはデビューから4年で初の地上波音楽放送のトップに立ち、「ガールズグループの人気はデビュー3年目まで」というジンクスを破り、『Queendom』(Mnet)を通じても多彩な舞台を見せつけた。

そして今年、ミニアルバムのタイトル曲『Nonstop』でMelonをはじめとする音源チャートのトップはもちろん、音楽放送8冠を達成。収録曲『Dolphin』まで注目を集め、名実ともに人気ガールズグループの一員に名を連ねた。

成長したOH MY GIRLをインタビュー

リーダーのヒョジョンは、「デビューしてから最も多く愛されたアルバムのように感じていて、すごく記憶に残ると思う」とし、「ファンの方々の近くで息をすることはできないが、その雰囲気をとてもよく感じることができて本当に幸せだった。各種SNSチャンネルを通じて、私たちの歌を一緒に歌ってくれて、ダンスもカバーしてくれて、感謝の言葉を伝えたい。いつも奇跡を作ってくれる私たちの“ミラクル”(公式ファンクラブ名)に、感謝の言葉を必ず伝えたい」と話した。

スンヒも「活動した3週間、本当にたくさんの愛と関心をもらって、絶対に忘れられない記憶になると思う! “OH MY GIRLがこんなにも多くの方に愛されているんだ”ということを全身で感じることができて、とても幸せだった」と振り返った。

ジホも「今回のアルバムを通じて多くの人にOH MY GIRLの音楽と舞台をお見せできたので、とてもありがたかったし、うれしかった。現在まで少しずつ自分たちの道を進んできたように、今後も一生懸命努力して良い姿をお見せしたい」と伝えた。

本紙『スポーツソウル』は新型コロナの影響のなか、成功裏に活動を終えたOH MY GIRLを書面でインタビューした。

―これまでの活動と比較して何が一番変わったか。

ビニ:デビュー以来、最もエネルギッシュなコンセプトだったので、スタイリングも多様で、より洗練された感じがした。そんな部分をしっかり見てくれて、OH MY GIRLというグループのスペクトルがさらに広がったと思います。

ジホ:曲が持っているイメージを最大限に生かそうと、たくさん努力しました。メンバー同士の振り付けも、さらにしっかり合わせようと自分たちで練習しました。

ミミ:今までのOH MY GIRLとまったく正反対ではありませんが、また別の新たな試みだったので曲、振り付け、スタイリングについて、どうしてもたくさん考えることになりました。どうすればうまく表現できるかと考え、舞台のムードや表現をもっと自由に、もっと楽しもうとしました。以前と比べて大きく変わったかは、よくわかないです。もう6年目になるので、舞台上で少し余裕が出てきたと思います。

―もはや名実ともに人気ガールズグループだ。なぜOH MY GIRLは愛されると思うか。

スンヒ:人気ガールズグループという言葉はまだ不慣れで、足りないところも多いです。そうやって呼んでくれて、その視線で見てもらえるだけでも、本当に過分なことだと思います。愛してもらえる理由は、ずっと成長しようと努力する姿を見てもらえたからではないかと思います。メンバー同士、つらくても疲れても、お互いを信じて未来を疑わず走り続ける姿が、多くの方々に良い印象で記憶されたのではないでしょうか。

ヒョジョン:さまざまなコンセプトや良い音楽を届けようと努力してきた姿を、良く見てくれたのではないかと思います。またOH MY GIRLというグループが持っている明るくエネルギッシュな姿も、愛される理由ではないかと感じます。

アリン:デビューからいつも変わらないOH MY GIRLだけのカラーを見せることができたと思います。いつも舞台の上で楽しみながら、最善を尽くす姿を愛してくれるのだと思います。

―着実な成長を見せているが、本人たちはどう感じているのか。

ビニ:「ゆっくり、着実に」という言葉は、私たちのグループと本当によく合う言葉だと思います。少し遅いかもしれませんが、メンバー全員が着実に一緒に成長してきて、その部分を多くの人に少しずつ知ってもらえたので、本当に感謝しています。今後も今までのように着実に成長していけば、もっと良い姿をお見せできるグループになれるのではと考えています。

ユア:私たちOH MY GIRLは、いつも同じ気持ちで何事にも臨んできたと思います。どんな舞台でも楽しんで、ステージの大切さを忘れずにいると、多くの方々に私たちの本気が伝わっていくと思います。

―『Dolphin』は今も高い人気を集めている。

ヒョジョン:中毒性の強いサビと、メンバーたちの音色が引き立つ曲です。とても感謝しています!

ユア:メンバーたちの個性がたくさん溶け込んだ曲なので、愛されているのだと思います。IU先輩にも好きと言ってもらえて、本当に光栄です。

―OH MY GIRLが今後、もっとやっていきたいことは何か。

ヒョジョン:メンバー各自の魅力が多いグループなので、また違う新しいコンセプトに挑戦して、限界がないグループであることを知らせたいです。

アリン:もっと多彩なコンセプトの音楽に挑戦することと、長く長くOH MY GIRLとして成長する姿を見せられるようになりたいです。

―最後に、ファンに伝えたいメッセージを。

ビニ:誰かを好きな気持ち、応援する気持ちを持つことは、簡単でも軽いものでもないと思います。たくさんの愛をもらっている分、私たちがみんなの近くでいつも応援できる存在になりたい。本当にいつも感謝しています。

スンヒ:いつもOH MY GIRL信じて、ついてきてくれて、大変なときもうれしいときも応援してくれた私たちのミラクル。ミラクルがいなかったら、ミラクルの応援がなかったら、絶対にOH MY GIRLは今の場所までたどり着けなかったと思います。私たちを走らせてくれる原動力。他の誰でもなく、いつもあなたたちに感謝したいし、とても愛しています!

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集