「本当に40代!?」時代劇『オクニョ』の悪女チョン・ナンジョン役パク・チュミの美しき秘蔵写真

2018年11月11日 テレビ #韓流時代劇
このエントリーをはてなブックマークに追加

NHK総合テレビで毎週日曜日に絶賛放映中の韓国時代劇ドラマ『オクニョ 運命の女(ひと)』。主人公オクニョを演じるチン・セヨン以上に、独特の存在感を放つのはチョン・ナンジョンだろう。

ユン・ウォニョンの側室であり、劇中では巨大な商団を率いて富と権力を牛耳るチョン・ナンジョン。何かとオクニョの前に立ちはだかる敵役だが、実在の人物でもある。

そのチョン・ナンジョンを演じているのが、女優パク・チュミだ。

ときには鋭い眼光を見せたり、入浴シーンでは美しい肌を披露したりと、その妖艶な悪女っぶりには不思議と引き寄せられてしまう。

(写真提供=C-JeSエンターテインメント)チョン・ナンジョンを演じるパク・チュミ

そんなパク・チュミが、韓国ではかつて“国民の初恋”という清純のシンボルだったことをご存じだろうか。

ここでは韓国から取り寄せた貴重な秘蔵写真や、その美しさゆえに「本当に40代なのか!!」と大騒ぎになった韓国での広告などをたっぷりと紹介したい。

まずはパク・チュミのプロフィールから。

1972年10月5日生まれで、芸能界デビューは1992年。テレビ局MBCの第21期公募タレントとして、芸能界に入った。

彼女の存在を最初に有名にしたのは、アシアナ航空の広告モデルだ。その美しさから“国民の初恋”といわれ、本物のキャビンアテンダントだと思ったファンたちが彼女を探してアシアナ航空に搭乗したというエピソードもあるほど。

アシアナ航空のテレビCMにはハン・ガイン、イ・ボヨン、コ・ウォニなど、のちにトップ女優となる美女たちが多数務めているが、1993年から2000年まで7年間も専属モデルを務めたのはパク・チュミしかいない。

「本当に40代なのか!!」と大騒ぎになった広告写真

2001年には、大ヒットした時代劇ドラマ『女人天下』に出演。

(関連記事:秘蔵写真に韓国現地情報も。時代劇『オクニョ』主役の美人女優チン・セヨンとはどんな人物か

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事