異様に盛り上がった『孤独のグルメ』韓国ロケ。秘蔵写真で振り返るエピソード

2018年12月05日 テレビ #写真
このエントリーをはてなブックマークに追加

いまや日本国内で知らない者はいないであろうドラマ『孤独のグルメ』(テレビ東京)。久住昌之の人気漫画作品を映像化した人気シリーズで、深夜ドラマとしては異例の7シーズンというロングランヒット作品だ。

そんな『孤独のグルメ』だが、国内だけに留まらず韓国でも話題を集めている。ふらりと立ち寄った店でひとり食事を楽しむ主人公・井之頭五郎を演じる松重豊は、現地でも多くのファンを生み出した。

その人気ぶりは1~7の全シーズンが複数のチャンネルで放送されるほどだ。去る9月に行われた「ソウルドラマアワード2018」では、韓国で最も愛された海外ドラマに与えられる「The Most Popular Foreign Drama of the Year」の栄光にも輝いた。

(写真提供=チャンネルJ)

放送当初から熱心なマニアたちの心を掴んできた『孤独のグルメ』だが、その評判を加速させたのはなんといってもシーズン7の“韓国出張編”だろう。

放送前からロケの様子がさまざまなSNSで拡散され韓国のネットユーザーの間で話題を呼び、その期待に裏切らない反響も見せた。

韓国出張編では、井之頭五郎が全州で納豆チゲとセルフピビンパに舌をうならせ、ソウルでも味噌チゲや、骨付きカルビ、屋台のトッポギといったさまざまな韓国料理を堪能している。

(写真=ネット上に拡散された韓国ロケの様子)

韓国の視聴者にとって、主人公の五郎さんがおなじみの料理を楽しむ姿は一層喜ばしいものだったことが見受けられる。しかも、視聴者の心を掴んだのは韓国グルメの登場だけではない。
 

前へ

1 / 3

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事