映画撮影から急遽帰国のソン・ジュンギ、2週間の自宅隔離か

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気俳優のソン・ジュンギなど映画『ボゴタ』主演俳優たちが3月24日、仁川(インチョン)国際空港を通じて入国した。

今年1月から南米コロンビアのボゴタで撮影を開始したソン・ジュンギらは、現地で新型コロナウイルスが拡散したことによって撮影を中断し、スタッフを含めた全員が帰国した。

【写真】ソン・ジュンギの“薄毛写真”が注目集める…ソン・ヘギョと離婚のストレス?

コロンビア政府はこれに先立つ3月16日、新型コロナウイルス拡散を防ぐため、外国人の入国と自国人の出国を禁止する措置を下した。

これによって航空便確保が難しくなる可能性もあり、『ボゴタ』制作陣は予定を早めて出国を決定したという。

コロンビアの中央災難安全対策本部の発表によると、同国では3月23日時点で計196人の感染者と2人の死亡者が発生している。

まだ感染者数が多くないが、隣接するブラジルとチリがそれぞれ906人、632人と感染者が急増しているだけに、危機感が高まっている。

ソン・ジュンギ

ソン・ジュンギ側は「俳優の健康状態に特別な問題はない。防疫当局の措置によって、2週間、自宅隔離する予定だ」と伝えた。

一方、コロンビアでの撮影が中断されたことによって、『ボゴタ』の今後の制作日程もオールストップとなった。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事