『梨泰院クラス』で見せたパク・ソジュンの七変化が凄い!

このエントリーをはてなブックマークに追加

パク・ソジュンが主演するドラマ『梨泰院クラス』がJTBCで放送されていて毎回、視聴率が10%を越えて好調だ。

 

このドラマの魅力は、何と言っても、主役のパク・ソジュンが野望に燃える若者を熱演しているということだ。

彼の主演作といえば、今までは『キム秘書はいったい、なぜ?』が印象的だった。このドラマでは、ルックスも仕事ぶりも完璧なカリスマ経営者を演じていた。

しかし、長く仕えたキム秘書(パク・ミニョン)が辞めると言い出したとたんに、そのカリスマぶりがガタガタと崩れてしまう。そのように、落差を感じさせるコミカルさもドラマの面白さに結びついていた。

今度の『梨泰院クラス』は違う。落差もなければ、コミカルでもない。まさに、パク・ソジュンは頭を短く刈り上げて突っ走る男を演じている。

その主人公の名はパク・セロイだ。

彼は、妥協できずに高校を中退した後、暴力事件まで起こして奈落の底に沈んだままだった。しかし、すべてを失って梨泰院(イテウォン)にやってきた。ここは、多国籍でエネルギッシュな街だ。

この街で自由な雰囲気を感じたパク・セロイは、壮大な野望を持つ。「ソウルの代表的な繁華街である梨泰院を自分の町にしてみせる」という意気込みなのだ。

彼は決心する。

「簡単に生きちゃいけない。難しい人生ほどいいんだ」

まさに、それだけの覚悟があればどんな苦難にも立ち向かっていける。そんな一途な男がパク・セロイだ。

『キム秘書はいったい、なぜ?』で演じたカリスマ経営者から『梨泰院クラス』のパク・セロイへ……。

あまりにも演じるキャラクターが違いすぎるが、それゆえに、視聴者はパク・ソジュンが見せる七変化を大いに楽しむことができるのだ。

(文=康 熙奉/カン・ヒボン)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集