【あの人は今】日本で大成功したユンソナはその後どうしているのか

2020年03月14日 話題 #女優 #あの人はいま
このエントリーをはてなブックマークに追加

2000年代の開始とともに、日本に沸き起こった韓流ブーム。ドラマで火が付いた人気はやがてK-POP人気へとつながり、今では10代たちも熱狂する“第3次韓流ブーム”が起きている。

気になるのは、かつて人気だった“あの人”たちのその後だ。

彼ら彼女らは今、どうしているのだろうか。

シリーズでお届けする意欲企画。今回は一時期、日本で最も有名だった韓国人タレントといっても過言ではなかったユンソナについて紹介する。

日本で大成功した韓国人タレント、ユンソナとは?

ユンソナのことを覚えているだろうか。おそらく30代以上の男女なら誰もがその存在を知っていることだろう。30代以下の男女も、その名に聞き覚えがあったり、顔を覚えているかもしれない。

【写真】『ウリナリ』で人気だった美少女ジニーが美しき淑女になっていた!!

それほどまでユンソナは有名だった。おそらく日本で人気タレントとして成功した第1号といっても過言ではないかもしれない。

生まれは1975年。1994年に韓国の公共放送KBSの公開オーディションを経て、同局の専属タレントとなり、女優として数多くの作品に出演する。

日本での活動を始めたのは、韓国での基盤が固まった2001年になってから。ホリプロに所属して、NHKドラマ『もう一度キス』でヒロイン役を務め、その後、当時大ブレイクしていた深田恭子と共演して、日本での人気を不動のものにした。

2003年には木村拓哉主演ドラマ『GOOD LUCK!!』、2003年と2006年には『木更津キャッツアイ』劇場版映画にも出演。

女優業だけではなく多数のバラエティ番組でも活躍し、2004年にはSONA名義で歌手デビューも果たした。

韓国での人気も高かった彼女は、両国を往復するハードな芸能生活を送っていたが、2006年には以前から知り合いだった実業家と遠距離恋愛を実らせて結婚。

ユンソナ

2008年には男児、2012年には女児を出産し、育児に専念するためにいつの間にか日本のテレビ番組で見ることがなくなった。日韓を往復する生活を送っていた彼女は、日本に行くときは、育児を母と夫に任せるしかなかったという。そうした境遇に申し訳なさを感じて、日本での芸能活動をいったん中断し、韓国での芸能活動に専念するようなった。

2013年には『相続者たち』、2015年には『恍惚な隣人』と『六龍が飛ぶ』、2017年には『最高の一発』などコンスタントにドラマ出演し、バラエティー番組などにも出演して人気を呼んだ。

ユンソナが日本だけでなく韓国でも消えた理由

ところが、2017年6月にスキャンダルに見舞われてしまう。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集