「東京五輪で日本より上位にありたい」U-23韓国代表監督が力強く明言【現地取材】

2020年01月30日 サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

アジアサッカー連盟(AFC)U-23選手権を全勝優勝し、東京五輪の出場権を獲得したキム・ハクボム監督が取材陣の前で微笑んだ。

キム監督は1月30日、ソウルのサッカー会館で開かれた大会決算記者懇談会で、「コーチ陣が選手を信じ、選手がコーチ陣を信じてやり遂げた結果」と話し、「オリンピック本大会でも挑戦を続ける」と強調した。

【関連】世代別代表で成功続きの韓国サッカー。東京五輪でメダル獲得なるか?

過去にプロチームの監督を務めていた際は“ホランイ(虎)先生”と呼ばれたキム監督だが、U-23韓国代表を引き受けてからは、柔らかい“父親のリーダーシップ”に生まれ変わった。

2年前のジャカルタ・アジア大会でもU-23世代の選手を励まし、金メダルを獲得した彼は、オリンピック出場権がかかった今大会でも再びチームを優勝に導いた。

残り6カ月となった東京五輪の目標を「メダル獲得」と明らかにしたキム監督は、「世代別大会は私たちも十分に挑戦することができる。何よりも(開催国である)日本より、上位にありたいと思うので、目標をメダル獲得にした」と力説した。

以下、キム・ハクボム監督との一問一答。

1月30日、記者懇談会に参加したU-23韓国代表キム・ハクボム監督

―U-23選手権の優勝の感想は?

まずはプロチームの監督に、感謝を申し上げたい。選手の選出など、積極的に支援してくれた。

優勝は、どんなときも良いことではないだろうか。優勝というタイトル自体が監督にとっては幸せなことだ。またU-23代表は特性上、A代表に行く最後の段階だ。選手にも大きな自信になったと思う。

―優勝までの道のりで、最大の峠を挙げると?

すべての試合を最後だと思った。最大の峠となると、オーストラリアとの準決勝。(オリンピック出場権が与えられる3位以内まで)2度のチャンスがあったが、決勝に進出して決めたかった。

3位決定戦は、死に物狂いの勝負になるからだ。オーストラリア戦の負担が一番大きかった。

―出場選手を大胆に変更するローテーションによって成し遂げ優勝なので、さらに価値がある。

2年前のアジア大会当時は、いずれにせよ(兵役問題と関連してメンバー全員を)試合に出す必要があったため、グループステージで全員を出場させようと思った。

今回は違った。最大カギは、蒸し暑い天気だった。天気を克服するためには、準備を徹底しなければならないし、選手を最大限に稼働しなければならないと思った。

(写真提供=韓国サッカー協会)U-23選手権決勝の延長戦にゴールを決め、歓喜するU-23韓国代表

ただローテーションは、単純に選手を回して使うということではない。互いに信頼があり、相手チームによって変化を与えうる可能性がある選手が必要だ。今回コーチ陣は、誰が出ても上手くやってくれるという信念があった。また、相手に見せる戦力を最小限にするための手段でもあった。

―オリンピックが開催される東京も高温多湿だが、本選の最終エントリーは18人だけだ。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集