元祖・美人姉妹も5年ぶり復帰の韓国。女子バレー東京五輪出場権を手にするのはどこか

このエントリーをはてなブックマークに追加

1月8日からタイでは東京五輪の男子サッカー出場権を兼ねたU-23アジア選手権が開幕したが、同国ではもうひとつ、東京五輪への出場切符をかけた戦いが行われている。

女子バレーボールの東京五輪アジア予選だ。

開催国タイをはじめ、カザフスタン、イラン、インドネシア、オーストラリア、香港、インド、韓国など8カ国がA組とB組に分かれてグループリーグを行い、各組の上位2チームが決勝トーナメントに進出する。トーナメントを勝ち上がった1カ国のみが、東京五輪への出場権を手にすることができる。

上位進出の最有力は、世界ランキング9位の韓国だろう。

(写真=FIVB)女子バレー韓国代表

アジアでは日本(7位)に次ぐ順位にあり、スーパーエースのキム・ヨンギョンも健在。プロリーグのVリーグも盛んで、今回の予選メンバーには昨季VリーグMVPのイ・ジェヨンをはじめ、多くのスター選手が顔を揃える。

イ・ジェヨンの双子の妹で、日本でも“美女セッター”として話題になったイ・ダヨンはもちろん、韓国女子バレー界の“元祖”美人姉妹のハン・ソンイが5年ぶりに代表復帰した。

ハン・ソンイは2012年ロンドン五輪にも出場するなど、日本との試合も数多く経験してきた人気選手なので、覚えている方々も多いことだろう。

 【写真】“Vリーグ女神”に“美人姉妹”、日本との因縁も。韓国美女バレー選手ベスト6を一挙紹介

東京五輪へのラストチャンス

ただ、韓国としては後がない状況だけに当然か。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集