衝撃!! 元プロ野球選手が教え子たちに禁止薬物を投薬・販売。資格停止へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国ドーピング防止委員会(KADA)が禁止薬物の不正取引容疑を受けたイ・ヨサンに、選手・指導者6年資格停止処分を下した。

イ・ヨサンは2006年にサムスン・ライオンズの育成選手としてプロデビュー。内野手として2007年からは1軍で活躍し、ハンファ・イーグルス(2008~2013年)ではレギュラー三塁手を務めた。ロッテ・ジャイアンツ(2015~2016年)などでも活躍したあと、2017年に引退した。

【関連】ソフトバンク柳田を超える最長契約記録…元巨人の“悲運の韓国人投手”とは

プロ通算成績は478試合出場、打率0.224 。通算223安打、14本塁打、110打点だ。

引退後は指導者の道に進んだが、2018年4月から2019年5月まで、自身が直接運営する野球教室でジュニア選手などを対象にステロイド系の薬物を不法に投薬し、販売した疑いで拘束された。

また、360万ウォン(約36万円)ほどを保護者から受け取り、ステロイドと成長ホルモン剤の注射剤などを販売したという。

イ・ヨサンは取り調べの初期段階では投薬事実を否認したが、証拠が次々に明らかになると、容疑を認めた。

野球教室に通っていた7人の学生を対象にドーピングテストを行った結果、高校生2人からステロイドの陽性反応が出て、波紋が広がっていた。

イ・ヨサン野球教室

ソウル西部地裁は2019年12月19日、薬事法違反の疑いで起訴されたイ・ヨサンに懲役10カ月を言い渡した。KADAも裁判所が宣告した日付から6年間の出場停止処分が開始されるようにした。

イ・ヨサンの資格停止期間は、2019年12月19日から2025年12月18日まで。すでに現役引退しており、指導者復帰も不可能な状況だ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集