森保ジャパンを下した“韓国のピルロ”が、ゴール後に日本サポーター席に向かった理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

開催国・韓国の優勝で終わった東アジアE-1サッカー選手権。

森保ジャパンの戦いぶりや戦評に関してはすでに多くのメディアで報じられたが、最終戦となった日韓戦で日本サッカーファンに強い印象を与えた1人は、韓国のファン・インボム(バンクーバー・ホワイトキャップス)ではないだろうか。

ファン・インボムは、韓国の大会初戦となった香港戦でも直接FKを決めていたが、日韓戦でも前半28分に強烈なミドルシュートを決めて、大会MVPに輝いた。

試合前から『サッカーダイジェスト』が要警戒選手の1人に挙げ、“韓国のピルロ”と称していたが、日韓戦の活躍でファン・インボムの名は日本のサッカーファンにも広く知れ渡ったことだろう。

筆者もプレスルームで再会した日本のメディア関係者から、「ファン・インボムってどんな経歴の選手?」と聞かれることが多かった。

日本戦で先制ゴールを決めて歓喜するファン・インボム(16番)

“ローカルスター”だったファン・インボム

韓国の地方都市・大田(テジョン)出身のファン・インボムは、どちらかというとローカルスターだった。

Kリーグの下位クラブである大田シチズンのユース傘下の中・高校を経て、2015年に高卒ルーキーながら開幕早々に1軍デビューするが、その年に大田は2部降格。

2016年、2017年とKリーグ・チャレンジ(当時の2部リーグの名称)のベスト・イレブンに輝き、2018年から兵役の代替制度である義務警察に入隊して牙山(アサン)ムグンファでプレーしたときも、Kリーグ2(現在の2部リーグの名称)のベストイレブンに選ばれているが、華やかなステージには立てなかった。

もっともファン・インボムは、何かと日本と縁がある。

遡れば2014年のSBSカップ国際ユースサッカー大会にU-19韓国代表として参加しているし、2018年10月のジャカルタ・アジア大会の決勝戦で日本と対戦している。

その活躍が韓国代表パウロ・ベント監督の目に留まり、2018年9月のコスタリカ戦でA代表デビュー。10月のパナマ戦では初先発・初ゴールも決めて韓国代表に定着し、当時の韓国代表キャプテンだったキ・ソンヨンの“後継者”と呼ばれるようになった。

【注目】「キ・ソンヨン先輩に早く引退してもらいたい」韓国代表22歳MFが語った本音

実際、キ・ソンヨンが今年1月のアジアカップを最後に代表引退してからは、ファン・インボムが韓国代表の中盤を担ってきた。

だが、フル出場した6月のAマッチ2連戦(オーストラリア、イラン)では腰の引けたプレーが目立ち、9月から始まったカタールW杯アジア2次予選でも絶不調。トルクメニスタン戦では自らのミスでピンチを招き、11月のレバノン戦ではFKミスや不必要なファウルを連発して、ついに途中交代となった。レバノン戦後にUAEで行われたブラジル戦では、先発から外されていた。

メディアは「ベントはなぜファン・インボムを呼ぶのか」と疑い、一部ファンから罵倒され“不要論”まで出た。

ゴール後、日本の応援席に向かった理由

それだけに今回のE-1サッカー選手権は、名誉挽回の機会と見ていたのではないだろうか。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集