トッテナムの“エース”ソン・フンミン、モウリーニョ新監督と対面!笑顔で抱擁

このエントリーをはてなブックマークに追加

エースと名将がついに顔を合わせた。

トッテナムの新監督に就任したジョゼ・モウリーニョが、今季チーム内最多得点を記録している“エース”ソン・フンミンと笑顔でスキンシップを交わした。

【関連】英メディアがソン・フンミンを“トッテナム最高の選手”と絶賛

11月22日にトッテナムの練習場で記者会見を開いたモウリーニョ監督は、就任後2回目のトレーニングを行った。

今シーズンのトッテナムが用いる紫色のジャンパーを羽織ったモウリーニョ監督は、最初のトレーニングから選手たちと呼応し握手するなど、積極的に親密な関係構築を図っていた。マウリシオ・ポチェッティーノ前監督の衝撃的な解任に動揺しているチームの雰囲気を、少しでも改善しようと努めている。

(写真=トッテナム公式Twitter)ジョゼ・モウリーニョ監督

モウリーニョ監督の構想からソン・フンミンを外すことはできないはずだ。

今シーズン、ソン・フンミンはUEFAチャンピオンズリーグで5ゴール、プレミアリーグでは3ゴールと計8ゴールを決めており、ハリー・ケインとともにチーム最多得点を叩き出している。リーグで絶不調のトッテナムがCLで決勝トーナメント進出に近づいているのも、ソン・フンミンの活躍なしには成しえなかったことだ。

そんな韓国代表FWの活躍をモウリーニョ監督が喜ばしく思うのは当然のことだ。

(画像=トッテナム公式Twitter投稿映像キャプチャー)抱擁を交わすソン・フンミン(画像右から2番目)とモウリーニョ監督(右から3番目)

トッテナムは、11月22日に公式SNSで短い映像を投稿し、2人が抱擁する姿を公開した。モウリーニョ監督が先に近づき、ソン・フンミンを抱きしめた。ソン・フンミンも笑顔で応え、“名将”と挨拶を交わした。

ソン・フンミンは、自身の父のように尊敬していたポチェッティーノ前監督と別れを告げた。

しかし、サッカースタイルのみを見れば、モウリーニョ監督とも息が合うはずだ。モウリーニョ監督は昨シーズン、CL準々決勝のトッテナム対マンチェスター・シティ戦を解説した際、カウンターの場面でソン・フンミンの能力は最高だと評価したことがある。

そんな2人が今や同じチームで出会い、ともに戦っていくこととなった。名誉挽回へ、エースと名将が意気投合の準備を進めている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事