代表資格はく奪のFC東京チャン・ヒョンスが謝罪。「口が10個あっても申し上げる言葉がない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国代表資格の永久はく奪の処分を受けたチャン・ヒョンス(FC東京)が、韓国サッカー協会(KFA)を通じて謝罪の意を伝えた。 

チャン・ヒョンスは11月1日、「兵役免除の恩恵を受けたにもかかわらず、サッカー選手として以前に、大韓民国の国籍を持つ男として、必ず守らなければならない兵役義務を誠実に遂行できなかったことに対して改めて頭を下げたい。申し訳ない」とし、「どれだけ反省して後悔しても足りないことは明確に知っている。口が10個あっても申し上げる言葉がない」と反省した。 

チャン・ヒョンスは2014年の仁川(インチョン)アジア大会で金メダルを獲得し、兵役免除の恩恵を受け、2015年6月30日に改正された兵役法によって体育要員に編入された。法律にしたがえば、基礎軍事訓練を受け、体育分野で3~4カ月間勤務し、特技を活かして544時間のボランティア活動をしなければならなかった。

チャン・ヒョンス

チャン・ヒョンスは、「2017年12月から2カ月間、母校の後輩らを指導した」とし、196時間のボランティア活動の証明書類を提出したが、そのなかに疑わしい内容が見つかった。結局、チャン・ヒョンスは書類のねつ造を認めた。

協会は同日、公正委員会を開いて代表資格の永久剥奪と罰金3000万ウォン(約300万円)の重い処分を下した。

(参考記事:なぜ? FC東京チャン・ヒョンスに“代表資格剥奪”処分が下された2つの理由

チャン・ヒョンスは、こう謝罪の意を示した。

「サッカー選手としてさらに集中して努力しろといただいた貴重な機会と大切な時間に、特技を活用したボランティア活動に専念すべきだったにもかかわらず、これをきちんと履行しなかった。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

国民の大きな期待に応えられず、大きな過ちを犯した。サッカー協会の処分と国民の叱責を謙虚に受け止める。今後、どんな形であれ、これまでファンの皆さんから受けた愛に応える気持ちで生きていく。

常に反省し、悔いる思いで自粛し、これからはこのようなことを繰り返さない模範的な選手になる。本当に申し訳ない」

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集