眼窩骨折のソン・フンミンがW杯出場に一歩前進?手術後初の「ヘディング」で順調回復アピール

このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカー韓国代表最大の気がかりだ。FWソン・フンミン(30、トッテナム)とFWファン・ヒチャン(26、ウォルヴァーハンプトン)の“回復グラフ”が交錯している。

【写真】眼窩骨折の手術痕を気にするソン・フンミン

韓国代表は来る11月24日、エデュケーション・シティ・スタジアムでカタールW杯グループH初戦のウルグアイ代表戦を戦う。ただ、21日に行われたチーム練習ではソン・フンミンとファン・ヒチャンが対照的な状況にあった。

まず、眼窩骨折で手術を受けたソン・フンミンは、試合出場に向けてフェイスガードを着用してトレーニングに励み、徐々にコンディションを引き上げている。

ソン・フンミンの負傷は「試合出場の問題にならない」

 

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集