【カタールW杯】ポルトガルは韓国に興味なし?現地記者に直撃も「ソン以外知らない」とあっさり

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルトガルは韓国のことをあまり気にしていないようだ。

【関連】韓国人の8割が「ロナウドを応援しない」理由

カタールW杯に出場するサッカーポルトガル代表は11月19日の入国後、アル・シャハニアのトレーニングセンターで2回の練習を行った。18日にはUAEのアブダビでナイジェリア代表と国際親善試合を行い、4-0の大勝を収めていた。

ポルトガルはFWクリスティアーノ・ロナウド(37、マンチェスター・ユナイテッド)を筆頭に、MFベルナルド・シウバ(28、マンチェスター・シティ)やFWジョアン・フェリックス(23、アトレティコ・マドリード)など、世界的なスター選手が数多くそろっている。それだけ全世界の取材陣の関心が集中するチームだ。

実際、19日の初練習では記者会見の収容人数を外れた報道陣が殺到。2日目も、記者会見場は多くのメディアでいっぱいだった。

もっとも、ポルトガル代表の練習場で会ったポルトガルの記者たちは、グループステージ第3節で対戦する韓国代表のことをあまり気にしていない様子だった。

「ソン以外に知っている韓国人選手はいない」

 

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集