日本開催で比嘉一貴が優勝した「シンハンドンヘオープン」、今後3年間の日韓アジア共催が決定!

2022年09月12日 ゴルフ #男子ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

男子ゴルフツアーの「シンハンドンヘオープン」が、今後さらに3年間、韓国ツアー、日本ツアー、アジアンツアーの共催で行われることになった。

【写真】韓国ツアーで衝撃の瞬間…選手が観客に“中指”突き立て

新韓金融グループは9月11日午前、「第38回シンハンドンヘオープン」が行われている奈良県のKOMAカントリークラブで新韓金融グループのチョ・ヨンビョン会長、韓国プロゴルフ協会(KPGA)のク・ジャチョル会長、アジアンツアーのチョ・ミンタン・コミッショナー、日本ゴルフツアー機構(JGTO)の青木功会長が参加し、「シンハンドンヘオープン」の共同主管延長契約を締結したことを明らかにした。

今回の協約により、3ツアーは今後さらに3年間、「シンハンドンヘオープン」を共同主管することになる。

出場選手も従来と同じく、各ツアー上位ランカー約40人が出場権を分け、優勝者には3ツアーの出場権が与えられる。

世界的選手も輩出した「シンハンドンヘオープン」

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集