韓国生活4年目の日本人Kリーガー、石田雅俊が語る“今”「フル出場すれば得点できる自信がある」【一問一答】

このエントリーをはてなブックマークに追加

かつて市立船橋高校の10番を背負い、“市船のスーパーエース”と呼ばれた石田雅俊。

【動画】韓国に衝撃与えた石田雅俊のハットトリック

Jリーグで京都サンガF.C.、SC相模原、ザスパクサツ群馬、アスルクラロ沼津に在籍した27歳のMFは、2019年から韓国Kリーグに進出。安山(アンサン)グリナース、水原(スウォン)FC、江原(カンウォン)FCを経て、現在はKリーグ2(2部)の大田(テジョン)ハナシチズンでプレーしている。

石田は昨年10月、とある発言が大きな話題を集めた。当時、ハットトリックを達成したリーグ戦のヒーローインタビューで、通訳に頼らず自らの韓国語で「これまでのサッカー人生を振り返ると、自分は敗者だと思っています。それでも、こうして人生を変えられる試合がいくつもあります。いずれにしても、昇格のために人生を懸けます」と言い放ち、国内で大きな反響を巻き起こしたのだ。

ヒーローインタビューで飛び出た「敗者」発言で、一躍時の人となった石田。その注目度に負けず、昨季は大田でプレーしたシーズン後半に15試合9ゴール1アシストを記録し、日本人初のKリーグ2年間ベストイレブンに選ばれるなど、圧巻の活躍を披露した。

それから半年以上が経ち、今季リーグ戦で22試合7ゴール4アシストを記録中の石田は、どんな思いで4年目となる韓国生活を過ごしているのか。そこで今回、韓国・大田で石田と会って単独インタビューを実施した。

前後編でお届けする石田との一問一答。本記事では前編として、石田のKリーグでの近況についてお送りする。

(写真=姜亨起/ピッチコミュニケーションズ)石田雅俊。背景は大田の町並み

「突き抜けられない感覚があった」昨季入れ替え戦

―韓国では、「自分はサッカー人生の敗者」と話したインタビューの反響が今も根強く残っています。当時語った「昇格に人生を懸けます」という言葉が横断幕としてスタジアムに掲げられただけでなく、ネットニュースでは石田選手が取り上げられるたび、“人生を懸ける”、“敗北者”といった表現が見出しに付いています。ご自身としても、これほど反響が続くと思っていましたか?

「もう半年以上も前のことですし、完全に忘れられるだろうと思ったのですが、正直、これほどまで反響が続くとは考えもしなかったです。ありがたいことではありますが、自分の実力以上にインタビューが先走りしてしまった印象がありますね」

―昨年10月にオンラインでインタビューを行った際には、「裏切ってしまった指導者が二人いる」として、市立船橋高校時代、ザスパクサツ群馬時代の指導者に「自分が変わった姿を見せたい」ということを語っていましたね。

「市船時代の指導者は、現在ジェフユナイテッド市原・千葉U-18の朝岡隆蔵監督。群馬時代の指導者は、ガンバ大阪ユースの森下仁志監督です。今は2人とも高校年代を指導されていますが、どちらも情熱的な方で、たまに連絡も取っています。森下監督は昨年、ベストイレブンに選ばれたときに連絡をしてくれて。それはめちゃくちゃ嬉しかったです」

―昨季はリーグ戦を2位で終え、1部11位との入れ替え戦にまで進みました。相手は当時、石田選手のレンタル元だった江原FC。大田はホームでの第1戦を1-0で勝利するも、アウェーでの第2戦は1-4と敗れ、1部昇格を逃してしまいました。改めて、当時の入れ替え戦を振り返っていかがでしょうか。

「あのインタビューによって一気に名前だけ有名になって、注目度も余計に上がってしまいましたが、それでも、その勢いもあって得点も多く決められて、ずっと上手く事が進んでいました。韓国のサッカーファンも、誰もが“大田が昇格する”と思っていたはずです。ただ、最後の入れ替え戦で江原FCに大敗してしまい、終わり方だけが最悪のシーズンになりました。“終わり良ければすべてよし”なんて言葉もありますが、まさにその逆の形で終わってしまいました。

でも、試合中は意外と冷静でした。第1戦を勝利して、第2戦でもアウェーゴールを決めてリードを広げたはずが、その後5分間で一挙3失点。当時は“こういうことも意外にあるんだな”と思いました。僕は“流れ”とかいうそういう言葉が好きじゃないですし、サッカーはそんな酔狂なスポーツではない。最終的にゴールが入るか、入らないかという物理的な問題なので、運とかそういう問題ではないと思っています。だからこそ、今振り返ってもまったく不思議な結果ではない。実力面では拮抗していたとはいえ、正直、チームや個人としてはまだ足りていなかったと思います」

―石田選手は第1戦で決勝ゴールをアシスト。第2戦ではフル出場していました。自身のプレーはどう評価していますか。

「当時は2試合ともプレーの強度が出なかったんですよ。原因を細かく分析すると色々ありますが、やはり(11月のプレーオフから12月の入れ替え戦まで)間隔が1カ月空いてしまったことや、韓国の12月がかなり寒かったことが挙げられます。あとは、試合の1週間前に咳が出るようになって、その影響かはわかりませんが、2試合とも心肺機能的に苦しかった印象はあります。緊張感もあったかもしれませんが、自分が考えている以上に身体が上手く動きませんでした。パフォーマンスがそこまで悪かったわけではないですが、何か突き抜けられない感覚があって、もどかしさの残った2試合でした。

でも、結局はあれが実力といえば実力ですよね。僕のイメージとしては、もっと前への推進力を持ってプレーしたかったのですが、相手に警戒されたり、消されたりした部分もあって。色んな問題がありますが、“(実力を100%)出し切れなかったんじゃないか”という後悔はあります」

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)昇格を果たせず落胆する石田雅俊

「身体も心も準備できていなかった」今季開幕戦

―試合後には江原FCのチェ・ヨンス監督と日本語で話したそうですね。チェ監督は現役時代、ジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド市原・千葉)や京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)、ジュビロ磐田でプレーされていました。

前へ

1 / 3

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集