世界陸上で韓国人選手が大快挙!男子走高跳ウ・サンヒョク、自国史上初の銀メダルに輝く

2022年07月19日 スポーツ一般
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国の男子走高跳界の看板スターであり、“不死鳥のジャンパー”の異名を持つウ・サンヒョク(26、国軍体育部隊)が、韓国陸上界の新しい歴史を築いた。

【写真】「韓国のために走る」ケニア出身の褐色ランナーとは

彼は韓国人選手として初めて、世界陸上で銀メダルを獲得した。

ウ・サンヒョクは7月19日(日本時間)、米オレゴン州ユージーンのヘイワードフィールドで行われた「世界陸上オレゴン2022」の男子走高跳決勝戦で2m35を跳び、金メダルのムタ・エッサ・バーシム(31、カタール)に次ぐ銀メダルを獲得した。

これまで、世界陸上の男子走高跳で韓国人選手が記録した最高成績は、1999年セビリア大会のイ・ジョンテクの6位だった。

また、全種目合わせて世界陸上でメダルを獲得した韓国人選手は、男子競歩のキム・ヒョンソプただ一人だった。彼は2011年大邱(テグ)大会の男子競歩20kmで、はじめは6位を記録するも、ドーピング再検査の結果、金~銅メダルを獲得したロシア人3選手に禁止薬物成分が検出され、順位繰り上げで銅メダルを獲得した。

ウ・サンヒョクは韓国陸上界のトラック、フィールド合わせ史上初であり、全種目2人目となる世界陸上銀メダリストとなった。

(写真提供=AFP/アフロ)ウ・サンヒョク

ウ・サンヒョクはバーシムとともに、決勝戦に進んだ13人のなかで唯一2m35を跳んだ。

2m35を1、2回目で失敗したアンドリー・プロツェンコ(34、ウクライナ)は、3回目をパスし、バーを2m37に上げた。ウ・サンヒョクとバーシムが2m37で3回の機会を得たのに対し、プロツェンコは一度のみ機会を与えられるも、跳躍に失敗し、銅メダルを確定させた。

残ったのはウ・サンヒョクとバーシムのみ。2人は2m37のバーを前に、金メダル、銀メダルを争うことになった。

これに先立ち、2m19、2m24、2m27、2m30をいずれも1度で成功させたウ・サンヒョクは、2m33の1、2回目で失敗した。しかし、持ち味である優れた危機管理能力を発揮し、余裕あるリズムで3度目の跳躍を成功させた。続く2m35では2回目で成功し、銀メダル以上を確保した。

迎えた2m37。バーの前に立ったウ・サンヒョクは「カジャ!(行こう!)」と叫び、果敢に跳躍に臨んだが、1回目を失敗。一方、バーシムは余裕をもって1回目で2m37を成功させた。ウ・サンヒョクは直ちに2m39にバーを上げたが跳躍できず、銀メダルで終えることになった。

なお、昨夏の東京五輪でバーシムとともに金メダルを獲得したジャンマルコ・タンベリ(31、イタリア)は、2m35の跳躍に失敗した。また、自国ファンの応援を追い風にしたシェルビー・マクウェン(26、アメリカ)も、2m31を1、2回目で失敗し、2m35にバーを上げたが、成功することはできなかった。

「浅田真央が韓国で死亡?」度を超えた悪質フェイクニュースに警告

【写真】“二重整形”を否定したキム・ヨナ、モデル顔負けのポージング

【写真】サッカー韓国代表、東京五輪で“握手拒否”の瞬間

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集