韓国で起きた“クリロナ騒動”の影響? 女子アナが謝罪「未熟なインタビューだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

女子アナウンサーのイ・へソンが、ユベントス対チームKリーグのインタビュー進行について謝罪した。

【写真】韓国の美しすぎる“スポーツ女子アナ”を一挙紹介!!

イ・へソンは7月29日、自身のインスタグラムに「去る7月26日金曜日、ユベントス戦の終わりにあった私の未熟なインタビュー進行で、視聴者の皆さんに大変なご迷惑をお掛けして申し訳ない」と、謝罪の意が込められたコメントを掲載した。

彼女は「試合開始が遅れて、複数の突発的な状況が発生し、当初計画になかったジャンルイジ・ブッフォン選手とインタビューをすることになった」とし、「ぎりぎりの時間のなかで通訳の手順を少しでも減らそうと、英語でインタビューすることをブッフォン選手には了承してもらったが、視聴者の立場を考慮しない未熟な進行だった」と説明した。

最後に「いろいろ残念だった試合で、私まで不快感を与えてしまい、心から申し訳ない。視聴者の皆さんが残した言葉をちゃんと読んで、改善していく。また公営放送のアナウンサーとして母国語への愛と責任感を持って、もっと頑張る。もう一度申し訳ないという言葉を伝える」と、改めて謝罪した。

(写真提供=KBS)イ・へソンアナウンサー

イ・へソンは、ユベントスとチームKリーグの試合後に行われたブッフォンとの生放送インタビューを英語で進行し、批判を受けた。英語がわからない視聴者は、質問内容をすぐに聞きとることができなかったからだ。キャスターを務めたイ・グァンヨンアナウンサーが質問内容を通訳したが、不便さを完全に消すことはできなかった。

特にこの日、ユベントスが競技場に遅れて到着し、キックオフが約1時間遅れただけでなく、クリスティアーノ・ロナウドが納得できない理由で欠場するなど、試合が混乱したため、さらに大きな議論となった。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事