飲酒運転事故を起こした韓国プロバスケ選手、来季は全試合出場不可…翌シーズンに持ち越す可能性も

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国プロバスケットボール連盟(KBL)が、飲酒運転事故を起こした原州(ウォンジュ)DB所属のペ・ガンリュル(30)に処分を下した。

【注目】韓国元バスケ選手、「免停レベル」の飲酒運転&“すり替え”

KBLは本日(6月28日)11時、論峴洞(ノニョンドン)KBLセンターで第27期第5次財政委員会を開き、25日に飲酒運転事故を起こしたペ・ガンリュルに、54試合の出場停止と社会奉仕120時間、制裁金1000万ウォン(約100万円)の処分を下した。

KBLは、「飲酒運転、薬物服用、八百長、暴力などには無寛容の原則を守っている」とし、「再発防止のために、選手教育、球団との協力体制強化などに、より一層努める」と明らかにした。

(写真提供=KBL)ペ・ガンリュル

ペ・ガンリュルは25日、飲酒運転事故を起こし、原州DBに自主申告した。現在は警察の取り調べを受けている状況だ。

原州DBは公式SNSで、「所属選手が飲酒運転をした事実に対して重い責任を痛感する」とし、「早い内に賞罰委員会を開き、厳重な懲戒手続きを進行する計画だ」と明らかにした。

今回のKBLの決定により、ペ・ガンリュルは10月から始まる2022-2023シーズンでの全試合出場不可能が決まった。そこに原州DBの自主懲戒も加わる見通しのため、2023-2024シーズンも出場できなくなる可能性が高い。

なお原州DBプロミには、2021-2022シーズンまで日本人選手の中村太地(24、シーホース三河)が在籍していた。

「人生終わった」飲酒運転事故を起こした韓国の元アイドルが号泣

酒に酔って後輩を殴った韓国元バスケ選手に実刑判決

韓国バスケ界で選手から不満が噴出、代表の主力も訴える“劣悪な環境”とは?

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集