ファン・ウィジョもそうだった!? 韓国人選手の海外進出の背景に「ベント効果」あり!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国代表選手たちの海外進出の背景には“ベント効果”があるかもしれない。

韓国代表の不動のストライカーであるファン・ウィジョは7月13日、ガンバ大阪対清水エスパルス戦を最後にJリーグ生活に別れを告げた。ガンバ大阪は7月14日、ファン・ウィジョのフランス1部リーグのボルドー移籍を公式発表した。

ボルドーを指揮する監督がポルトガル出身のパウロ・ソウザという点が目を引く。

【徹底比較】久保建英とイ・ガンイン、新たな局面に入った“日韓ライバル物語”が始まる

1970年生まれで韓国代表を率いるパウロ・ベント監督より1歳年下の彼は、2000年にベルギーとオランダが共同開催したユーロ2000や2002年ワールドカップでベント監督とともにポルトガル代表でプレーした。特にユーロ2000では4強の快挙を達成。ポルトガルサッカーの全盛時代を味わった。

こうしたベント監督とソウザ監督の縁が、今回のファン・ウィジョのボルドー行きにも影響したものと見られる。

ボルドー移籍を進めたファン・ウィジョのエージェントであるイバン・スポーツのイ・ヨンジュン代表は、「(ベント監督とソウザ監督が)親しいかはよくわからない」と言いながらも、「ただ、ポルトガルの監督たちはよく疎通している。今回もベント監督がファン・ウィジョの移籍について、さまざまな話をソウザ監督に伝えたかもしれない」と語った。

ソウザ監督は昨年、中国スーパーリーグ・天津権健で1年近く監督生活をしたりもした。ベント監督も、昨年の夏まで中国の重慶力帆の采配を取った。2人ともアジアサッカーを知っている。

このような縁がファン・ウィジョのボルドー行にプラス要因になったようだ。

イ・ヨンジュン代表は「監督が求めたからといってすべて受け入れるわけではない。ボルドーからすれば、満27歳のファン・ウィジョは結構な年だ。うまく使い、後で売らなければならないのだが、そういう価値がある選手だと判断したのだろう」とし、「ファン・ウィジョ本人が夢見ているのはプレミアリーグだ。その夢のために走り続ければ、ボルドーも元金以上を回収できる」と見通した。

ベント監督とポルトガル指導者たちのコミュニケーション

実はファン・ウィジョ以前にポルトガル監督と息を合わせている韓国代表選手がもう1人いる。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事