「韓国サッカーの未来」18歳イ・ガンインの濃厚すぎる“サッカー人生”を振り返る

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国は今、“イ・ガンイン中毒”だ。

チャ・ボム、パク・チソン、ソン・フンミン。彼らに続く末っ子の登場に、韓国は熱狂している。去る6月16日、イ・ガンインが所属したU-20韓国代表は、韓国サッカー史上初めてU-20ワールドカップ決勝に進出し、イ・ガンインは大会MVPといえる「ゴールデンボール」を受賞した。リオネル・メッシ以来となる、14年ぶりの最年少受賞だった。

韓国が熱を上げる新しいスターの誕生だ。

【関連】韓国代表ベント監督インタビュー「ソン・フンミンとイ・ガンインの共存は…」

この間、韓国やスペイン、ポーランドを行き来しながら休む暇もなく走ってきたイ・ガンインだが、その最初の所属チームはユースでも海外クラブでもない。バラエティ番組『飛べ、シュットリ』(KBS)の「FCシュットリ」だ。

12年前に放送された『飛べ、シュットリ』は、7歳以下のかわいい子供たちによるボール遊びに過ぎなかった。イ・ガンインが登場する前の話だ。

子供の成長ストーリーを込めたシーズン1、2とは異なり、2007年にKBS N SPORTSで放映された『飛べ、シュットリ』シーズン3は、見る楽しさと「本当のサッカー」を披露した。毎試合、圧倒的な競技力で勝利を収め、そのすべては主将イ・ガンインのつま先から始まった。

満6歳だったイ・ガンインは当時、驚くほどの個人技やフィールドマナーで話題の中心になった。FCシュットリのユ・サンチョル監督とクロスバーチャレンジを行い、勝利したシーンは、12年が過ぎた現在でもたびたび登場する映像資料のひとつだ。

「大人を小さくしたと思えばいい」上位0.1%のイ・ガンイン、伝説の開始

「彼は17歳です。ハハハ」

満6歳のイ・ガンインのパスを見て、ユ・サンチョル監督は驚いたように述べた。「選手」と呼ぶにはあまりに幼い子供たちがボールを追いかけるなかで、イ・ガンインは鋭いスルーパスを見せてチームの勝利を導いた。

チームプレーだけでなく、個人技も別格だった。自分より3歳も年上4~5人を相手に、マルセイルーレット、シザースを披露して、楽々とゴールを決めた。『シュットリ』放送当時、イ・ガンインのプレーを見て、呆れたような笑みを作った相手チーム監督だけでも10人に上るだろう。

ユ・サンチョル監督もイ・ガンインの実力について絶えず賛辞を送った。『シュットリ』放送終了直後に行われたインタビューで、彼は「大人として見ればいい。大人を小さくしたように。私の年齢層でも難しい技術を持っている。そのまま全国ランキング1位と見ても大丈夫」と絶賛した。

『飛べ、シュットリ』でプレーするイ・ガンイン

放送終了後もイ・ガンインへの関心は続いた。イ・ガンインは10歳の時、『英才の秘法リアルスタディ』に出演して体力テストを受けた。当時、体力テストを実施した竜仁大学キム・サンヒョン国際スポーツ研究員は、「イ・ガンインの体力はほとんど大学生レベルだ。専門教育と管理を受けている体育の逸材50人と比べても、上位0.1%に当たる体力だ」と評価した。実力だけでなく、肉体的にも同年代のトップクラスであることを証明したわけだ。

このように自分の才能をさまざまな方法で証明したイ・ガンインは、韓国内だけでなく海外クラブからも関心の対象とされた。ついに世界の舞台を踏む機会が来たのだ。

「100億円でも連れていけない」バレンシアが認めたイ・ガンインの左足

イ・ガンインの選択は、スペインだった。

前へ

1 / 3

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事