韓国の全国高校野球大会では優勝チームに5000万ウォンを支援、4月11日に決勝戦

2022年04月03日 スポーツ一般 #野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

大韓野球ソフトボール協会が、2022新世界(シンセゲ)Eマート杯全国高校野球大会決勝戦を含めた残りの試合日程を確定し、発表した。

【注目】大谷翔平が韓国で“マンチンナム”と呼ばれるワケ

同協会は、新世界グループのEマートから大会授賞および用品支援拡大計画を伝達してもらい、優勝チームをはじめ成績上位4チームに奨学金、ピッチングマシンやスピードガンなどの用品支援で、計1億ウォン(約1000万円)を贈る予定だという。

3位の2チームには奨学金と用品それぞれ500万ウォン(約50万円)の計1000万ウォン(約100万円)ずつ、準優勝チームには奨学金2000万ウォン(約200万円)と用品1000万ウォンで計3000万ウォン(約300万円)を与える。そして優勝チームには奨学金3000万ウォンと用品2000万ウォンで計5000万ウォン(約500万円)が支援される。

(写真提供=大韓野球ソフトボール協会)

ほかにも、学生選手としての情熱と正々堂々としたスポーツマンシップを披露したチームに模範賞を与え、競技力向上を図るためベスト4以上のチームの中で1試合当たり平均エラーが最も少なかったチームにベストパフォーマンス賞も追加で与えるそうだ。

また、新世界フードのノーブランドバーガーは、決勝戦進出チームの選手に軽食を提供する計画だ。

なお、新世界Eマート杯全国高校野球大会は、既存の大韓野球ソフトボール協会全国高校野球大会から名称が変更され、協会に登録した全てのチーム(88チーム)が参加する大会に大幅に拡大され、待望の決勝戦は4月11日18時、SSGランダースフィールドで行われる予定だ。

BIGBOSS率いる日ハムの“開幕3連敗”に韓国も注目「変わり者司令塔、屈辱…」

西武・平良で日本は6人目…なぜ韓国では“160キロ投手”が誕生しないのか

野茂英雄×朴賛浩に継ぐ「MLB日韓投手コンビ」…菊池雄星×リュ・ヒョンジンに集まる期待

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集