サディオ・マネに続き伊メディアも…ソン・フンミンの“レアル移籍説”が再浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソン・フンミン(トッテナム)の“レアル・マドリード移籍説”が再び浮上している。

イタリアのメディア『Tutto Napoli』などは6月10日(日本時間)、イタリア放送局『ライスポーツ』を引用して、「トッテナムがソン・フンミンのレアル・マドリード移籍に備え、メキシコ出身のイルビング・ロサノを迎え入れる準備をしている」と報じた。

その媒体によると、レアル・マドリードはソン・フンミンの移籍を望んでおり、トッテナムはロサノを迎え入れるために、彼のエージェントであるミノ・ライオラと接触したという。

トッテナムの関心を受けたロサノだが、彼はナポリと4000万ユーロ(約49億1200万円)の移籍料とボーナスで契約するものと思われる。

ソン・フンミンの“レアル移籍説”は今回が初めてではない。

(写真提供=韓国サッカー協会)ソン・フンミン

リバプールのサディオ・マネは去る6月2日、UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦を控えて「レアル・マドリードがエデン・アザールとソン・フンミンを望んでいると聞いた」と話し、注目を集めた。実際にアザールは6月8日にレアルと5年契約を結んだ。

一方ソン・フンミンは、オーストラリアの親善試合を控えた6月5日、坡州サッカー国家代表トレーニングセンター(NFC)でのインタビューで、「(言いたいことは)ありません」と述べている。

【現地インタビュー】ソン・フンミンが「レアル移籍説」について口を開いた!!

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事