キム・ヨンギョン、「金の盾」を手にニッコリ…YouTube登録者数100万人突破に国際連盟も祝福

このエントリーをはてなブックマークに追加

元女子バレー韓国代表キム・ヨンギョンの近況投稿が話題だ。

【関連】キム・ヨンギョン、アニメ『ハイキュー!!』を見た反応は?

キム・ヨンギョンは最近、インスタグラムを更新。YouTubeから送られた「金の盾」を手にほほ笑む写真を投稿した。「金の盾」とはチャンネル登録者数100万人を達成したクリエイターを表彰するものだ。

キム・ヨンギョンは2019年8月18日に『シッパンオンニ(食パンお姉さん)』を開設し、同月25日に登録者数10万人を突破。その後、今年7~8月の東京五輪期間に登録者数が一挙に増え、8月6日に100万人を突破した。現在の登録者数は約140万人だ。同チャンネルは100万回以上再生された動画が24本に及ぶなど、今も高い人気を誇っている。

この快挙には国際バレーボール連盟(FIVB)も注目。FIVBは公式SNSを通じて「キム・ヨンギョンが歴史を築いた。彼女はYouTubeチャンネルの登録者数が100万人を突破した初のバレーボール選手となった」とエールを送った。

(写真=キム・ヨンギョンのInstagram)
(写真=キム・ヨンギョンのInstagram)

なお、東京五輪を終えて韓国に滞在していたキム・ヨンギョンは、22日に中国へ出国。2週間の自主隔離を過ごした後、所属先の上海ブライトユーベストに合流する予定だ。

◇キム・ヨンギョン プロフィール

1988年2月26日生まれ。韓国・京畿道出身。身長192cm。上海ブライトユーベスト(中国)所属。小学4年生からバレーを始め、2005年に新人ドラフト1位で韓国Vリーグの興国生命ピンクスパイダーズに加入。その後、JTマーヴェラス(日本、2009年~2011年)、フェネルバフチェ(トルコ、2011年~2017年)、上海ブライトユーベスト(中国、2017年~2018年)、エジザージュバシュ(トルコ、2018年~2020年)と海外を転々とし、2020-2021シーズンは11年ぶりに復帰した興国生命でプレー。東京五輪でキャプテンとして女子バレー韓国代表をベスト4に導いた後、2021年8月12日に代表引退を発表した。

2019年8月から『シッパンオンニ(食パンお姉さん)』という名前でYouTubeチャンネルを運営している。チャンネル登録者数は約140万人で、総再生回数は約7490万回。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集