ACL浦項キム・ギドン監督「名古屋の戦力分析は終えた。今回は戦略、戦術ではない」

2021年10月16日 サッカー #ACL
このエントリーをはてなブックマークに追加

すでに目標は達成したものの、浦項(ポハン)スティーラーズのキム・キドン監督はさらに高い位置を目指している。

キム・ギドン監督率いる浦項は10月17日午後2時、全州(チョンジュ)W杯競技場で名古屋グランパス(日本)と2021アジアサッカー連盟チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝に臨む。

試合前日に行われたオンライン記者会見で、キム監督は「ACLを準備する上で目標としていたこと以上を達成した。しかし、一試合で勝敗が分かれるトーナメントだ。韓国で開催されるだけに、良い試合をして勝利に導くよう最善を尽くしたい」と勝利のためにプレーする覚悟を明らかにした。

【関連】「今度は勝つ!」名古屋との再戦に浦項ファンの反応は?

浦項はグループリーグで名古屋と1敗1分けで勝利がない。キム監督は「戦力分析は終えた。 両チームともに大きな枠組みは変わっていない。 初戦ではやむなく退場させられて苦しい展開をした。今回の試合は戦略や戦術よりも、どれだけしっかり休み、良いコンディションで試合をするかがカギ」と説明した。

浦項は正GKカン・ヒョンムの負傷後、その穴を埋められていない。イ・ジュン、チョ・ソンフンら経験の少ない選手で埋めなければならない。 

キム監督は「自信を持って基本的なことをしろとアドバイスした。GKとしてどうしようもないゴールは許すことができるが、基本的で簡単なことは安定的にマークしなければならない」とし、GKの奮闘を求めた。

攻撃の核であるイ・スンモは「準々決勝は韓日戦であるため、個人的にはもっと激しくしようと準備している。仲間も精神力を鍛えて試合に臨もうとしている」とし、「リーグでストライカーとしてプレーしながら得点を挙げられず、負担があった。しかし、ACLではゴールを決め、プレッシャーを軽くして試合に臨んだ。運もついてきたと思う。準々決勝でもいい気運をもらってゴールを決めて勝利したい」と意気込みを語った。
 

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集