ダルビッシュ5失点で降板…韓国スポーツ紙は「“給料泥棒”のイメージを固めた」と酷評

2019年04月11日 スポーツ一般 #野球 #MLB
このエントリーをはてなブックマークに追加

シカゴ・カブスの日本人投手ダルビッシュ有が、“給料泥棒”のイメージを固めてしまっている。開幕3試合連続の不振に陥った。

ダルビッシュは4月11日(日本時間)、イリノイ州シカゴのリグレー・フィールドで行われたピッツバーグ・パイレーツとのホーム戦に先発登板し、5回1/3で5安打(2被本塁打)、4三振、5失点(自責4)で降板した。

この日、1回表2死からフランシスコ・セルベリにソロホームランを浴び、3回表2死1塁でアンディ・マルテにツーランホームランを許したことが痛かった。

ダルビッシュは今シーズン、初登板だった3月31日のテキサス・レンジャーズ戦を2回2/3の3失点と、不安にスタートした。4月5日のアトランタ・ブレーブス戦も4回3失点で敗戦の原因になった。

そしてシーズン最初のホームの登板でも、早々と降板してしまった。

4月11日、パイレーツ戦に先発したダルビッシュ有

2012年にテキサス・レンジャーズのユニホームを着て、メジャーリーグに進出したダルビッシュは、2018年のフリーエージェント(FA)の目玉に数えられ、カブスと6年総額1億2600万ドル(約138億円)の契約を結んだ。

しかしカブスでの最初のシーズンだった昨年は、負傷によって5月にシーズンを終えた。8試合に登板して1勝3敗、防御率4.95と、カブスの期待を裏切った。

【関連】MLB先発投手格付け評価でリュ・ヒョンジン53位。ダルやマエケン、菊池の順位は?

切歯腐心で今シーズンを迎えたが、ダルビッシュはまだ期待に応えていないといわざるを得ない。

逆襲を見せなければ、“給料泥棒”という評価を覆すことは困難だ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事