最高年俸は7500万円、上昇率は171%…プロバスケKBLの「お金の話」

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国プロバスケットボールリーグのKBLは、10月9日に開幕する2021-2022シーズンの国内選手登録(計154人)を締め切った。

選手登録を締め切った結果、全州KCCのソン・ギョチャンが7億5000万ウォン(約7500万円)で報酬1位になった。 

安養(アンヤン)KGCから昌原(チャンウォン)LGに移籍したイ・ジェドが7億ウォンで2位、同じチームのイ・グァンヒと高陽(コヤン)オリオンのイ・スンヒョンが6億ウォンで3位タイにつけた。

【関連】ウィザーズ八村塁の注目点と韓国初のNBAプレーヤーとの比較とは?

2021-2022シーズンの報酬最高引き上げ率を記録した選手は171.4%(7000万ウォン→1億9000万ウォン)に引き上げられた金額で水原(スウォン)KTとFA契約を締結したチョン・ソンウだ。2位はソウル・サムスンと170%(2億7000万ウォン→2億7000万ウォン)アップで契約したキム・ヒョンス。

(写真提供=KBL)ソン・ギョチャン

KBLは2021-2022シーズンからリーグ発足以後、初めて導入されたソフトキャップに関連して、10球団の中で唯一、全州KCCがサラリーキャップ(25億ウォン)を超過した。

全州KCCは超過金2億1000万ウォンに対する30%の6300万ウォンをバスケットボール発展基金としてKBLに納める。

一方、ソウルSKのイ・ウォンデは所属球団との合意に失敗し、報酬調整を申請した。
 

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集