降格同日に“笑気ガス”使用で物議の元イングランド代表、ソン・フンミンの新年俸について言及

このエントリーをはてなブックマークに追加

かつてイングランド・プレミアリーグのアストン・ヴィラに13年在籍し、イングランド代表にも選ばれたガブリエル・アグボンラホール氏が、トッテナムのソン・フンミン(29)の年俸について言及した。

【話題】ソン・フンミン東京五輪代表“選外”のワケ

トッテナムは去る7月23日、ソン・フンミンと4年間の再契約を結んだと公式に発表。これでソン・フンミンは、2025年までトッテナムのユニホームを着ることとなった。

現地メディアによると、ソン・フンミンは今回の再契約で、イングランド代表FWハリー・ケイン(28)と並ぶ、チーム最高待遇の週給20万ポンド(約3000万円)を受け取るという。

アグボンラホール氏は、英メディア「フットボール・インサイダー」とのインタビューで、「ソン・フンミンの週給は倍近く上がったはずだ。最高級の選手である彼は、高額の年俸を当然受け取るべきだ。それだけの資格がある」と強調。

(写真提供=韓国サッカー協会)ソン・フンミン

ソン・フンミンは昨シーズン、全コンペティションを通じて計17ゴール10アシストを記録し、キャリアハイの活躍を見せた。現在行われているプレシーズンマッチでも着実に結果を残しており、新シーズンへの期待が高まっている状況だ。

そして今回ソン・フンミンについて言及したアグボンラホール氏は、2005年にアストン・ヴィラユースからトップチームへと昇格。2008年にはイングランド代表としてフル代表デビューも飾っている。

ユース時代から期待の若手と評されていたが伸び悩み、2015-16シーズンに所属チームのアストン・ヴィラが降格した夜、女性2人とホテルで飲酒と笑気ガスを使用したことで物議を醸した。その後、2019年3月をもってスパイクを脱いだ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集