イチロー引退会見に潜入した韓国記者の告白「イチローも感動したグッバイ会見だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「とても驚いた。 こんなにたくさんいらっしゃるなんて」

3月21日夜、日本の東京ドームホテル地下1階オーロラホールで現役引退記者会見を開いたイチローは、場内に入るやいなや、口をぽかんと広げて驚いた様子だった。

マイクの前に立った時間は深夜12時を10分後に控えた夜11時50分。真夜中だった。

東京ドームで行われたMLB開幕シリーズ2連戦は、イチローの現役引退試合になるという見解が支配的だった。

予想通りシアトル・マリナーズとオークランド・アスレチックスの試合開始1時間余りを控えてMLB関係者は筆者に耳打ちした。

「今日の試合後、イチローが引退発表をしそうだ」と。

そして試合が7回に入ったとき、広報関係者がイチローの引退記者会見の案内資料を取材陣全体に伝達した。 

案内文には、「東京ドームのプレスカンファレンス場所が手狭なので、近くの東京ドームホテル地下1階で記者会見を開くことにした」と記されていた。

(関連記事:【韓国記者取材】天下のイチローの目にも涙…日本野球の英雄、去り際の流儀

8回が終わったとき、両チームのスコアは4対4で拮抗していたが、大多数の取材陣は記者会見場に移動した。試合終了後では一度に多くの取材陣が集まるものと予想され、早くも席を立ったのだ。 

イチローの引退記者会見

試合の結果は事実上、重要ではなくなった。イチローの最後の瞬間を逃すまいとする取材熱気でいっぱいだった。 

ところが、あいにく両チームの試合は延長戦までもつれ、12回延長まで勝負を繰り広げた末にマリナーズがアスレチックスを5対4で下した。

普段は冷徹この上ないイチローらしくないほどだった

印象的だったのは、東京ドームホテルに集まった200人余りの取材陣のほとんどが、記者会見場のドアの前に整列して2時間近く待機していたことだ。

韓国ではどのような記者会見であれ、ほとんどの場合、取材陣を先に場内に入場させ、席を取らせるのが一般的だ。しかし、イチローの引退記者会見は、不便であっても取材陣が長時間待たなければならなかった。ホテル関係者は言った。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事