名古屋対浦項、2度目の直接対決は引き分け…写真で振り返るACLグループG第6節【PHOTO】

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月7日(日本時間)、タイ・バンコクのラジャマンガラ・スタジアムで行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)グループG第6節の浦項(ポハン)スティーラーズ対名古屋グランパス。

【関連】浦項指揮官、決勝T進出可否は「天だけが知る」

試合は後半6分にFW前田直輝(26)のゴールで名古屋が先制するも、同43分に途中出場の浦項FWボリス・タシチーが同点弾を決め、1-1の引き分けに終わった。

これでグループGは東地区の他グループよりも一足早く6試合を終了。名古屋が5勝1分の首位で決勝トーナメント進出を決めた一方、2位の浦項は3勝2分1敗の勝ち点11とし、決勝T進出可否は他グループの結果に委ねられることになった。

ここでは、ドロー決着となった浦項と名古屋の試合の様子を写真で振り返る。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)浦項スティーラースの先発出場メンバー
(写真提供=韓国プロサッカー連盟)浦項率いるキム・ギドン監督
(写真提供=韓国プロサッカー連盟)左から名古屋DF吉田豊、MF阿部浩之、浦項FWクォン・ギピョ
(写真提供=韓国プロサッカー連盟)1トップで出場した浦項MFイ・スンモ(左)と対峙する名古屋DF吉田
(写真提供=韓国プロサッカー連盟)名古屋MF長澤和輝(左)と浦項MFシン・ジンホ
(写真提供=韓国プロサッカー連盟)浦項DFシン・グァンフン(中央)
(写真提供=韓国プロサッカー連盟)浦項MFコ・ヨンジュン(中央)
(写真提供=韓国プロサッカー連盟)浦項FWクォン・ギピョ
(写真提供=韓国プロサッカー連盟)浦項FWイム・サンヒョプ(右)
(写真提供=韓国プロサッカー連盟)FW前田直輝の先制ゴールを祝福する名古屋の選手たち
(写真提供=韓国プロサッカー連盟)浦項FWボリス・タシチーの得点シーン
(写真提供=韓国プロサッカー連盟)試合終了後の浦項DFクォン・ワンギュ(左)と名古屋DF藤井陽也

なお、翌9日にはグループI第5節で川崎フロンターレと大邱(テグ)FCが激突する予定だ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集