「“韓日戦”は例えじゃんけんでも…」ACLでガンバ大阪と“再戦”の全北現代、指揮官が決意明かす

2021年06月19日 サッカー #Kリーグ #ACL
このエントリーをはてなブックマークに追加

Kリーグ4連覇中の“王者”全北現代(チョンブク・ヒョンデ)モータースを率いるキム・サンシク監督が、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)での善戦を誓った。

【関連】宇佐美貴史の分析も…Kリーグ勢をサポートする「TSG」とは

6月16日、ソウルのサッカー会館で行われたACL出場チームの監督によるオンライン記者会見にキム監督がクラブハウスから出席。

会見の初めに、“5年周期”でACL決勝に進出している全北現代の歴史に言及した。

全北現代は過去2006年(優勝)、2011年(準優勝)、2016年(優勝)にACL決勝進出を果たしている。キム監督は「“5年周期説”といって、5年ごとに決勝に勝ち進んでいることを聞いた」とし、「今年は10年の優勝周期を縮めたい」と笑顔で語った。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)全北現代のキム・サンシク監督

ガンバ大阪の韓国人選手にも言及

ウズベキスタンのタシケントで行われるグループHで、ガンバ大阪(日本)、チェンライ・ユナイテッド(タイ)、タンピネス・ローバース(シンガポール)と戦う全北現代。今シーズンはKリーグで8試合連続未勝利やFAカップで3部クラブに敗れるなど不振に陥ったが、直近に行われたKリーグ第15節延期分の城南(ソンナム)FC戦では5-1の大勝を収め、雰囲気を一変させた。

キム監督は「最近は成績が良くなかったが、城南FC戦で勝利し、チームがさらに団結するきっかけとなった。プライドを傷つけられた選手も覚醒したし、私自身反省もした」とし、「ACLでは戦術的にもさまざまな変化を通じて挑戦する」と決意を述べた。

また、ガンバ大阪については「チュ・セジョンもキム・ヨングォンもよく知る選手だ。キム・ヨングォンは代表で良い活躍を見せており、ガンバではビルドアップに関与する場面が多い。チュ・セジョンもキック力に優れる」と、2人の韓国人選手を警戒。

「2人は良い選手だが、我々の選手たちも上手くやれるのではないだろうか」とし、「“韓日戦”は例えじゃんけんであっても負けてはならない。選手たちもそれを理解しているはずだ」と強調した。

ガンバ大阪とは2015年大会以来にACLで再戦する全北現代。まずは29日に行われる第1節での直接対決に注目したいところだ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集