邦本宣裕の同点ゴールで無敗維持の全北現代、バルサユース出身のペク・スンホも先発デビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF邦本宣裕(23)が所属する全北現代(チョンブク・ヒョンデ)モータースは4月24日、Kリーグ1(1部)第12節で江原FCとのアウェー戦に臨み、0-1でリードされた後半35分邦本が同点ゴールを決めて1-1で引き分けている。

【関連】バルサ出身ペク・スンホの韓国復帰騒動、4億ウォンと謝罪動画での和解を提案か

今季、8勝4分けと無敗を続けている全北現代は、勝ち点28で首位をキープしている。江原FCは勝ち点13の8位となった。

全北現代は同日の試合で、バルセロナ下部組織出身のMFベク・スンホ(24)を初めて先発投入。ペク・スンホは前半11分の左足シュートを皮切りに、90分で計3本のシュートを試みたが、得点やアシストの数字を記録することはできなかった。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)同点ゴールを決めた邦本宣裕(右)

 

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集