韓国で導入拡大が期待される“発熱チェックバンド”とは?男女プロゴルフで効果実証済み

このエントリーをはてなブックマークに追加

手首に着用するバンド一つで高熱症状を確認できる。韓国男女プロゴルフツアーで使用され、競技力に影響を与えないことが確認された。2021年はほかの種目へと拡大するかに関心が集まっている。

【写真】「まるでバービー人形」韓国美女ゴルファーの圧巻ビジュアル

昨年に引き続き、2021年も防疫維持は非常に重要だ。マスクの着用や手洗いなど、個人衛生規則の遵守は徹底すべきであり、発熱など症状の確認にも死活をかけなければならない。

(写真提供=JD IDeas)

JD IDeasが開発した自己診断発熱確認用チェックバンドは、体温が37.5度を超えた状態で一定時間が経つと色が変化する。

選手だけでなく、関係者もバンドの色で選手の状態をモニタリングできる。新型コロナウイルス感染症の主な症状である発熱をリアルタイムで確認できるので、突発的な状況が発生したときも迅速に対応できる。

昨年には韓国男子ツアー「現代海上チェ・キョンジュ・インビテーショナル」と韓国女子ツアー「SKテレコム・ADTキャップス・チャンピオンシップ」で導入され、出場選手や関係者がバンドの効果を経験した。

チェックバンドを開発したJD IDeasの関係者は「チェックバンドは手首だけで済むため、簡単に自己診断ができる。安全な環境の中で選手たちが最善の競技力を発揮できるように努力したい」と述べた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集