韓国プロ野球、斗山ベアーズ所属2選手が違法スポーツ賭博に関与…球団は資格停止を要請

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国プロ野球の斗山(トゥサン)ベアーズが、所属選手のチョン・ヒョンウク(21)とクォン・ギヨン(21)を違法スポーツ賭博の疑いで資格停止にするよう韓国野球委員会(KBO)に要請した。

【注目】日本で活躍した韓国人投手が「高額・常習滞納者」に

斗山は1月13日、報道資料を通じて「フューチャーズリーグ所属のチョン・ヒョンウクとクォン・ギヨンを資格停止選手に指定するようKBOに要請した」と発表した。

続けて、「最近、個人的な債務問題が浮上したチョン・ヒョンウクと面談する過程で、スポーツトトをした事実を確認した。また、選手団全体を対象に全数調査を行う過程で、クォン・ギヨンの不適切な賭博サイトへのアクセスを確認した」と説明した。

斗山はチョン・ヒョンウクとの面談後、直ちにKBOクリーンベースボールセンターに経緯書を提出し、クォン・ギヨンの賭博性サイト接続を確認した後、経緯書を追加提出した。

「スポーツ賭博に関する教育を続けてきたのに…」

斗山のキム・スンホ運営チーム長は本紙『スポーツソウル』の電話に応じ、「カードの延滞通知や取り立てが続き、チョン・ヒョンウク選手と面談し、事実を確認する過程で違法スポーツ賭博をしたことを知った。合法的なスポーツトトサイトと不法スポーツ賭博をすべてしたものとみられる。クォン・ギヨン選手は賭博性不法サイトに接続したことが把握された」と述べた。

なお、国民体育振興公団が発行する体育振興投票券スポーツトトも、選手の参加は禁止されている。

これと関連し、KBOクリーンベースボールセンターのチョン・グムジョセンター長は「残念だ」と暗い声で答えた。

チョンセンター長は「スポーツ賭博に関する教育を続けてきたにもかかわらず、このような状況が再び発生した。まず経緯書が提出されただけに、捜査を進めていきたい」と述べた。

今後、捜査の結果次第で両選手に対する処罰のレベルが決まる見通しだ。最大、選手の資格がはく奪される重罰が下される可能性がある。

チョン・ヒョンウク(左)とクォン・ギヨン

チョン・ヒョンウクは2019年、新人選手ドラフト2次6ラウンド(全体59番)の指名を受けて斗山に入団した右腕投手だ。昨年はフューチャーズリーグ21試合に登板し、2勝2敗2ホールドの防御率4.33を記録した。

クォン・ギヨンは2017年にドラフト2次3番でSKワイバーンズに入団した育成選手で、昨年、イ・フンリョンとのトレードで斗山のユニホームを着た。

斗山のキム運営チーム長は「今後、KBOと捜査当局の調査に積極的に協力する予定だ。また、こうした問題が再発しないよう、選手団の教育と管理に総力を尽くしたい」と述べた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集