投資が実を結んだカタールは、アジアサッカーの伏兵になる可能性が高い

このエントリーをはてなブックマークに追加

カタール代表が史上初のアジアカップ優勝を達成した。

カタール代表は2月1日(日本時間)、アジアカップ決勝戦で日本代表に3-1の完勝を収め、初優勝の感激を味わった。

カタール代表のアジアカップ最高成績は、ベスト8進出(2000年、2011年)だった。しかし今大会、決勝まで勝ち進み、日本代表を相手に完勝を収めて優勝トロフィーを掲げ、アジアの新たな強者として認められるようになった。

カタール代表は決勝トーナメント1回戦でイラク代表に1-0で勝った後、準々決勝で韓国を1-0で下し、準決勝では開催国のUAEに4-0で勝利して決勝に上がった。

(写真=アジアカップ公式Twitter)

日本代表は通算5度目の優勝を狙っていたが、これまで4度の決勝で全勝を収めた伝統を破られた。

2022年ワールドカップを誘致したカタール代表は、最近になってサッカーに対する投資を持続的に行ってきた。それが結実がアジアカップで示された。

カタール代表は今後、アジアサッカーの伏兵になる可能性が高い。

【画像】完璧スタイルの歴代“サッカー応援美女”を一挙紹介!!

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集