桑田真澄の15年ぶり巨人復帰に韓国メディアも注目!巨人の投手力アップで日本一を目指す

2021年01月12日 スポーツ一般 #野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

“巨人のレジェンド”桑田真澄が、15年ぶりに古巣である読売ジャイアンツにコーチとして復帰することが決定した。

【関連】 テムズが日本で再出発、巨人が獲得に至った理由

日本メディアのスポーツ報知、日刊スポーツなどは「桑田がコーチとして15年ぶりに巨人に復帰する」と1月12日に報じた。

かつて巨人で不動のエースとして活躍した桑田は、高校野球の名門、PL学園高校で甲子園通算20勝を収めた。

その後、1985年のドラフト全体1位で読売ジャイアンツに入団。1986年から2006年までの21年間で、個人通算173勝141敗、平均失点3.55の成績を記録。1987年には日本プロ野球投手、最高の栄誉である「沢村賞」にも輝いた。

38歳だった2006年、米メジャーリーグ(MLB)のピッツバーグ・パイレーツとの契約で、MLBへの挑戦を決めたが、19試合で1敗、平均失点9.43に止まり、2008年に引退することとなった。

(写真=AP/アフロ)2019MLB開幕戦プレシーズンゲームで、始球式を務める桑田氏

選手引退後は野球評論家として活動し、2009年には早稲田大学大学院修士課程を首席修了して話題となった。

2016年からは東京大学大学院で特任研究員として働き、制球に関わる身体メカニズムを分析するなど、野球を論理的な観点から研究。指導者としては2013年、東京大学で特別コーチを1度務めている。

巨人の次期監督候補と目されている桑田は、古巣からプロの指導者としての一歩を踏み出すこととなった。

日本メディアは「卓越した技術と豊かな理論を兼ね備えた桑田が、巨人投手陣強化に力を貸すはずだ」と伝えている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集